ESTIME 最速買取・高額買取
ブランドショップ エステメ

  • TOP
  • コラム

COLUMN

COLUMN

COLUMN

COLUMN

COLUMN

COLUMN

COLUMN

COLUMN

COLUMN

COLUMN

COLUMN

COLUMN

Column コラム一覧

コラムカテゴリー

すべての記事

【2024年最新】ウブロ2024年新作モデル一覧!

異素材の融合をコンセプトに掲げ、男性受けの高いデザインを多く展開している『HUBLOT/ウブロ』。2023年はチタン×ラバーストラップやお得意のサファイアクリスタルをケースに採用したモデルなど…。ウブロらしいモデルが多く展開されていました。 そんなウブロは2024年4月開催の『Watch & Wonders/ウォッチアンドワンダーズ』に出店。昨年よりも一般公開日が1日長いことから、ひとりでも多くの時計ファンが新作を目にできるようになったのは嬉しいポイントですよね。 今年のウブロはどんな異素材の融合を見せてくれるのでしょうか…? この記事では、今回のウォッチアンドワンダーズで発表されたウブロの2024年新作を一気に紹介していきます。一覧形式でわかりやすくまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。 1.ビッグ・バン ウニコ アイス・バン 出典:HUBLOT 定価 ¥3,311,000 ケース径 42㎜ 本体素材 セラミック ブレスレット ファブリック ラバー キャリバー HUB1280 パワーリザーブ 72時間   ウブロからはオンライン限定モデルのウニコ アイスバンが世界100本限定で誕生。 2006年に発表されたオリジナルモデルの美しさと力強さを踏襲しながらも、全く新しいデザインのニューヴィンテージモデルです。 スケルトン仕様で作られた文字盤からは、ウブロの時計製造への情熱が見て取れます。 2.ビッグ・バン E GEN3 UEFA EURO 2024™ 出典:HUBLOT 定価 ¥891,000 ケース径 44㎜ 本体素材 チタン ブレスレット ラバー キャリバー Qualcomm® Snapdragon Wear™ 4100+ パワーリザーブ 24時間   2024年に開催されるUEFA EURO 2024を記念して作られたビッグ・バン E GEN3 UEFA EURO 2024™。 ウブロのブランドアンバサダーであるキリアン・エムバペと共に、今大会へのカウントダウンを始めました。 スマートウォッチとして展開されているこちらのモデルは、圧倒的な視認性の高さと水色で作られたサッカーファンにはたまらないカラーリングが魅力的。実用性を求める方にはピッタリの一本です。 3.ビッグ・バン ウニコ 出典:HUBLOT 定価 ¥3,311,000~ ケース径 42.5㎜ 本体素材 セラミック ピンクサファイア ブレスレット ラバー キャリバー HUB1280 パワーリザーブ 72時間   ビッグバンウニコからは新色が誕生。 セラミックモデルからはオレンジとダークグリーン、サファイアクリスタルモデルからはピンクサファイアが生まれることになりました。 これまでも鮮やかな色合いが多く展開されておりましたが、今年のウブロはかなり攻めたカラーリングの新作を展開。ジワジワと時計界をウブロ色に染めていく方針なのでしょうか…! 4.ビッグ・バン MP-11 14デイ パワーリザーブ ウォーターブルーサファイア 出典:HUBLOT 定価 ¥23,364,000 ケース径 45㎜ 本体素材 ブルーサファイア ブレスレット ラバー キャリバー HUB9011 パワーリザーブ 336時間(14日間) 約2週間のパワーリザーブを誇るウブロきっての長時間駆動モデル、ビッグ・バン MP-11 14デイ パワーリザーブからも新色が登場しました。 今回誕生したのはブルーサファイアで作られた鮮やかな水色のモデル。たぐいまれない輝きと透明感のある色合いは、つけるだけで圧倒的な清潔感を与えてくれます。 2018年のバーゼルワールドにて初めて発表されたコチラのモデルは、今後も話題性の高い腕時計としての立ち位置に居続けるでしょう。 5.ビッグ・バン インテグレーテッド タイムオンリー 出典:HUBLOT 定価 ¥1,804,000 ケース径 38㎜ 本体素材 チタン、セラミック、キングゴールド ブレスレット チタン、セラミック、キングゴールド キャリバー HUB1115 パワーリザーブ 48時間 ウブロの新定番モデルであるビッグ・バン インテグレーテッド タイムオンリーからは6種類の新作が登場。今回登場したのはチタン、セラミック、キングゴールドの3種類です。 通常のビッグバンよりもケースサイズが小さいモデルとなっておりますが、つけたときのウブロ特有の存在感は抜群。手首が細めの方にもおすすめです。 6.クラシック・フュージョン チタニウム 29㎜ 出典:HUBLOT 定価 ¥847,000~ ケース径 29㎜ 本体素材 チタン ブレスレット ラバー キャリバー HUB2915(クオーツ) パワーリザーブ 2年 ウブロ定番モデル、クラシックフュージョン チタニウムからは、29㎜のケースサイズが新登場。 小ぶりなケースサイズを待ち望んでいた女性も多いかと思います。 ダイヤがセッティングされたモデルもあるので、ゴージャス感が感じ取れるモデルです。 7.クラシック・フュージョン キングゴールド 29㎜ 出典:HUBLOT 定価 ¥2,101,000 ケース径 29㎜ 本体素材 チタン ブレスレット ラバー キャリバー HUB1110 パワーリザーブ 42時間 クラシックフュージョン チタニウムに続いて、キングゴールドからも29㎜のケースサイズが新登場。ゴールドカラーで作られたケースからは、高級感と上品さが見て取れます。 高貴なファッションをしている方には特におすすめしたいモデルのひとつです。 8.クラシック・フュージョン オリジナル 29㎜ 出典:HUBLOT 定価 ¥935,000、¥2,398,000 ケース径 29㎜ 本体素材 チタン、イエローゴールド ブレスレット ラバー キャリバー HUB2915 パワーリザーブ 2年間(クオーツ) インデックス表記のないモデル、クラシックフュージョン オリジナルからも29㎜のモデルが誕生。 かなりミニマルなデザインなので、現代ファッションのトレンドでもあるモードスタイルともベストマッチします。 9.スクエア・バン ウニコ マジックゴールド 出典:HUBLOT 定価 ¥4,356,000、¥5,863,000 ケース径 42㎜ 本体素材 マジックゴールド ブレスレット ラバー キャリバー HUB1280 パワーリザーブ 72時間 スクエアバンウニコから、18Kマジックゴールドを採用したモデルが初登場。2022年に初めて誕生した比較的新しいモデルではありますが、ラインナップが追加となりました。 ウブロが開発したマジックゴールドは、18Kゴールドでありながらも傷に強く、アクティブな環境でも安心して使用することができます。 10.スピリット オブ ビッグ・バン サンブルー サファイア 出典:HUBLOT 定価 ¥19,591,000 ケース径 42㎜ 本体素材 サファイアクリスタル ブレスレット ラバー キャリバー HUB4700 パワーリザーブ 50時間 スピリット オブ ビッグ・バン サンブルーからはサファイアクリスタルをケース素材に採用したモデルが登場。 もはや腕時計なのか?という感情を抱いてしまうほどの高級感あふれる見た目です。 腕時計にもジュエリーのような高級感を求める方にはピッタリの一本です。 11.スピリット オブ ビッグ・バン サンブルー ハイジュエリー 出典:HUBLOT 定価 ¥54,252,000 ケース径 42㎜ 本体素材 ホワイトゴールド、キングゴールド ブレスレット ラバー キャリバー HUB4700 パワーリザーブ 50時間 先述したサンブルーから、ハイジュエリーモデルも登場。 ホワイトゴールドとキングゴールドを採用したスピリット オブ ビッグ・バン サンブルー ハイジュエリーは、ウブロが展開しているモデルの中で最も高級感のあるものと言っても過言ではないでしょう。 12.スピリット オブ ビッグ・バン トゥールビヨン オレンジカーボン 出典:HUBLOT 定価 ¥14,322,000 ケース径 42㎜ 本体素材 カーボンファイバー ブレスレット ラバー キャリバー HUB6020 パワーリザーブ 115時間 複雑機構搭載モデル、.スピリット オブ ビッグ・バン トゥールビヨンから新素材のバリエーションが誕生。オレンジカーボンを採用したモデルです。 かなりゴツゴツとした見た目ではありますが、カーボン素材を使用していることによりかなり軽量。競技や自動車産業にもよく使われていることから素材の信頼性も抜群です。 13.MP-13 トゥールビヨン バイ-アクシス レトログラード ブラックカ-ボン 出典:HUBLOT 定価 ¥24,112,000 ケース径 44㎜ 本体素材 カーボン ブレスレット ラバー キャリバー HUB6200 パワーリザーブ 80時間 MPコレクションの複雑機構モデル、トゥールビヨン バイ-アクシス レトログラードからも新素材モデルが誕生。こちらもカーボンファイバーとテキサリウムを採用した複合素材の軽量モデルです。 ウブロのコンセプトでもある『異素材の融合』を忠実に貫いていることがわかります。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は、ウブロの2024年新作を一挙紹介させていただきました。 ウブロのコンセプトである異素材の融合を忠実に貫いて展開された今年のモデルは、今後のウブロを支える代表モデルであると予想しています。 皆さんにとって、参考となっていれば幸いです。

2024年4月12日
【2024年最新】チューダー2024年新作モデル一覧!

ロレックスのディフュージョンブランドとして登場したチューダー。高品質に加え、良心的な価格設定が魅力的な腕時計ブランドです。 2023年に開催されたウォッチアンドワンダーズではマスタークロノメーターの称号を得たムーブメントが搭載された新作「ブラックベイ マスタークロノメーター Ref.7941A1A0RU」などが発表され話題を集めました。 2024年のウォッチアンドワンダーズは4月9日~15日に開催されます! この記事では、今回のウォッチアンドワンダーズで発表されたチューダーの新作を一気にご紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください! 2.ブラックベイ M7941A1A0NU-0001 M7941A1A0NU-0002 M7941A1A0NU-0003 出典:TUDOR 定価 ¥635,800 ケース径 41㎜ 本体素材 ステンレス ブレスレット ステンレス キャリバー MT5602-U パワーリザーブ 70時間   まずは代表的モデルのブラックベイから新色の発表。 これまで赤や青などのカジュアルな色のカラー展開でしたが、2024年のブラックベイはモノクロームカラー。黒色のべセルに白い数字表記となって誕生しました。 どんな服装にも合うデザインなので、定番カラーとなること間違いなしです。 1.ブラックベイ 58 GMT M7939G1A0NRU-0002 M7939G1A0NRU-0001 出典:TUDOR 定価 ¥643,500 ケース径 39㎜ 本体素材 ステンレス ブレスレット ステンレス キャリバー MT5450-U パワーリザーブ 65時間   ブラックベイ 58シリーズからGMT機能搭載モデルが新登場。 ダイバーズ×GMT機能を搭載した完璧なスポーツウォッチです。 これまでケース径41㎜のブラックベイGMTでは、少し大きいと感じていた方もいるかと思いますが、こちらのモデルのケース径は39㎜と若干小ぶり。手首が細い方でもつけやすいサイズ感となっております。 3.ブラックベイ 58 18K 出典:TUDOR 定価 ¥4,488,000 ケース径 39㎜ 本体素材 イエローゴールド ブレスレット イエローゴールド キャリバー MT5400 パワーリザーブ 70時間 同じくブラックベイ58から18Kイエローゴールド素材を採用した金無垢モデルが初登場。 文字盤は人気色の緑となっており、時計ファンは黙っていられないモデルとなるでしょう。また、オープンケースバック仕様なので、チューダーのマニュファクチュールキャリバー MT5400の動きを観察できるようになっています。 4.クレア ドゥ ローズ 出典:TUDOR 定価 ¥350,900~471,900 ケース径 26~34㎜ 本体素材 ステンレス ブレスレット ステンレス キャリバー 26mm=T201 30mm=T201 34mm=T601 パワーリザーブ 38時間 レディースモデル、クレア ドゥ ローズから文字盤の新色が誕生しました。 現行モデルではホワイト文字盤のみの展開でしたが、大人の女性の落ち着いた印象を与えるネイビーカラーが仲間入り。ローマインデックスのタイプと8Pダイヤモンドのタイプが展開されておりますので、好みに合わせて選ぶことができます。

2024年4月11日
【2024年最新】パネライ2024年新作モデル一覧!

2024年4月に『Watches & Wonders/ウォッチズアンドワンダーズ』が待望の開催。昨年よりも一般公開日が1日長くなったことによって、ひとりでも多くの時計ファンが新しい時計を見ることができるようになりました。 根強い人気を誇るパネライの新作発表を切望していた方も多いのではないでしょうか?? さて、この記事では、今回のウォッチアンドワンダーズで発表されたパネライの新作を一挙紹介。わかりやすくまとめていますのでぜひ最後までご覧ください。 1.サブマーシブル ルナ・ロッサ PAM01565 出典:PANERAI 定価 ¥1,584,000 ケース径 42㎜ 本体素材 サテンスチール ブレスレット ラバー キャリバー P.900 パワーリザーブ 72時間   パネライの代表的なダイバーズウォッチ、サブマーシブルから新モデルが発表。 シンプルな見た目でもストラップに入ったルナロッサの赤ラインがアクセントとなっています。 一般的な時計と同じく、ケース径は42㎜で作られていながらも、着用すれば圧倒的な存在感を出すことができます。文字盤はブルーサンブラッシュ仕上げとなっており、グラデーションのような見た目が特徴的です。 1.サブマーシブル クアランタクアトロ ルナ・ロッサ PAM01466、PAM01543 出典:PANERAI 定価 ¥2,332,000 ケース径 44㎜ 本体素材 Ti-Ceramitech™ ブレスレット ラバー キャリバー P.900 パワーリザーブ 72時間 サブマーシブル クアランタクアトロ ルナ・ロッサから新モデルが登場。 クアランタクアトロ=44㎜のケースサイズ を表しているこちらのモデル新しい素材にはTi-Ceramitech™が採用。マットな質感で作られた本体からはパネライ特有の堅牢さが感じ取れます。 文字盤カラーは2種類展開となっており、どちらも清潔感が見て取れるのが特徴的です。 2.サブマーシブル GMT ルナ・ロッサ チタニオ PAM01507 出典:PANERAI 定価 ¥1,727,000 ケース径 42㎜ 本体素材 サテンチタン ブレスレット ラバー キャリバー P.900 パワーリザーブ 72時間 サブマーシブル GMT ルナ・ロッサからも新素材が発表。 本体にサテンチタンを採用したPAM01507は、通常のステンレスのモデルよりも約40%軽く、60%頑丈となりました。ベゼルにはブルーセラミックを採用しており、耐傷性もさらに上がったモデルです。 また、先述したクアランタクアトロと同じく、ネイビーカラーで作られているので落ち着いた印象を与えてくれます。 3.サブマーシブル トゥールビヨン GMT ルナ・ロッサ エクスペリエンス エディション PAM01405 出典:PANERAI 定価 ¥28,952,000 ケース径 45㎜ 本体素材 カーボテック™ ブレスレット ラバー キャリバー P.2015/T パワーリザーブ 80時間   わずか20本限定で作られるサブマーシブル トゥールビヨン GMT ルナ・ロッサ エクスペリエンス エディションが新作として登場。 既存のサブマーシブル トゥールビヨンからケース径を5㎜サイズダウンした45㎜で展開。小さくなったといえど、パネライ特有の存在感は失わないモデルとなっています。 約3年間かけてパネライが完成させた手巻きキャリバーP.2015/Tが搭載されており、ブランドが時計製造にかけている情熱を感じ取ることもできます。

2024年4月11日
【2024年最新】ショパール2024年新作モデル一覧!

代表モデル アルパインイーグルの登場から4年経過した2023年。カッコいいケースのデザインとは真逆の文字盤カラー『モンテローザピンク』が誕生。古くからショパールを支える『L.U.C 1860』が復活したことも時計界に大きな衝撃を与えました。 そんな衝撃のショパールの新作ウォッチコレクションの発表から1年たった2024年4月。『Watch & Wonders/ウォッチアンドワンダーズ』が開催されました。今年もアルパインの新色に期待を寄せる筆者です…(笑) この記事では、今回のウォッチアンドワンダーズ2024で発表されたショパールの新作を一気に紹介していきたいと思います。 1.【2024年 新作】アルパイン イーグル 41 XP TT Ref.298630-3001 出典:Chopard 定価 - ケース径 41㎜ 本体素材 チタン ブレスレット チタン キャリバー L.U.C 96.17-S パワーリザーブ 65時間   ショパールきっての代表的なモデルであるアルパインイーグルから、スケルトン仕様で作られた超薄型モデルが新作として初登場。素材にはチタンが採用され、高い耐久性を誇りながらも軽量となっています。これぞラグジュアリースポーツウォッチのお手本と言っても過言ではないでしょう。 また、文字盤がスケルトンとなっていることから、ショパールが作り上げた複雑な機構を眺める楽しみも増えました。 2.【2024年 新作】アルパイン イーグル 41 フローズン サミット Ref.295395-1001 出典:Chopard 定価 - ケース径 41㎜ 本体素材 ホワイトゴールド ダイヤモンド ブレスレット ホワイトゴールド ダイヤモンド キャリバー 96.41-L パワーリザーブ 65時間   メンズのアルパインイーグルからジュエリーウォッチが生まれました。 この攻めたデザインの腕時計を生み出すことができるのはショパールならでは。。。 ダイヤモンドがセッティングされている本体素材にはホワイトゴールドが採用。高級感あふれる見た目を持つデザインです。定価は今のところ不明ですが、中古相場はきっと跳ね上がるのでしょう…。 3.【2024年 新作】アルパイン イーグル 33 フローズン Ref.295384 -1003 出典:Chopard 定価 - ケース径 33㎜ 本体素材 ホワイトゴールド ダイヤモンド ブレスレット ホワイトゴールド ダイヤモンド キャリバー 09.01-C パワーリザーブ 42時間   メンズのアルパインイーグルに次いで、レディースサイズのアルパインイーグルでも全体にダイヤモンドが敷き詰められたモデルが誕生。 このデザインはやっぱり女性にはたまらないですよね!! 44㎜のアルパインイーグルに敷き詰められたダイヤモンドはバケットですが、こちらはフルカットタイプのダイヤモンドでフェミニンな印象です。 4.【2024年 新作】アルパイン イーグル XL クロノ Ref.298609-3008/Ref.295393-5002 Ref.298609-3008 Ref.295393-5002 出典:Chopard 定価 - ケース径 44㎜ 本体素材 Ref.298609-3008=チタン Ref.295393-5002=ローズゴールド ブレスレット Ref.298609-3008=ラバー Ref.295393-5002=ローズゴールド キャリバー L.U.C 03.05-C パワーリザーブ 60時間   アルパイン イーグル XL クロノシリーズからは新素材のチタンとローズゴールドが登場。 チタンのモデルでは、これまでのモデルよりも耐久性と軽量さがパワーアップ。新しく展開された文字盤カラーのローヌブルーも、くすみがかったカラーリングでトレンドを抑えています。 また、ローズゴールドのモデルの文字盤はグレーとなっており、本体のカラーと丁度良いコントラスト。アルパインイーグルの名前の由来である鷲の力強さを表現しています。 5.【2024年 新作】L.U.C カリテフルリエ Ref.168631-3001 出典:Chopard 定価 - ケース径 39㎜ 本体素材 ステンレス ブレスレット レザー キャリバー LUC 96.09-L パワーリザーブ 65時間   ショパール、ボヴェ、パルミジャーニによって立ち上げられた認定基準である、カリテフルリエ認定をパスしたモデルのカリテ フルリエシリーズからも新作登場。シリーズ初となる『ルーセントスティール™』素材を採用しています。 リサイクル素材が80%以上で作られたルーセントスティール™はショパール独自の合金。腕時計ブランドも環境に配慮して時計製造に勤しんでいます。 6.【2024年 新作】L.U.C XPS フォレストグリーン Ref.168629-3001 出典:Chopard 定価 - ケース径 40㎜ 本体素材 ステンレス ブレスレット レザー キャリバー LUC 96.12-L パワーリザーブ 65時間   L.U.C XPSシリーズからは新色の発表。 ダークグリーンの文字盤はショパールならではの落ち着きを感じます。 また、ロジウムメッキのドーフィーヌ針が搭載されていることや、インデックス表記がミニマルデザインなことによって時刻の視認性も抜群。個人的には今回の新作の中だとイチオシです。 7.【2024年 新作】L.U.C クワトロ スピリット 25 Ref.161977-1001 出典:Chopard 定価 - ケース径 40㎜ 本体素材 ホワイトゴールド ブレスレット レザー キャリバー LUC 98.06-L パワーリザーブ 192時間   LUC クワトロ スピリット 25シリーズからはブラックエナメル文字盤が新登場。 既存モデルのホワイトエナメルとはまた違う清潔感があります。 ショパールが厳選した職人によって手作りされたこちらのモデルは、隠れた名品と言っても過言ではないでしょう。最高のタイムピースです。 8.【2024年 新作】ハッピースポーツ Ref.278608-3009 Ref.278582-6014 Ref.278590-6015 自動巻き クオーツ クオーツ 出典:Chopard 定価 - ケース径 Ref.278608-3009=33㎜ Ref.278582-6014=36㎜ Ref.278590-6015=30㎜ 本体素材 Ref.278608-3009=ステンレス Ref.278582-6014=ステンレス、ローズゴールド Ref.278590-6015=ステンレス、ローズゴールド ブレスレット レザー キャリバー Ref.278608-3009=09.01-C Ref.278582-6014=クオーツ Ref.278590-6015=クオーツ パワーリザーブ Ref.278608-3009=42時間   ハッピースポーツからも新色が登場。 自動巻きのモデルでは光沢のあるライトブルーカラー。クオーツモデルではブラック基調としたシックなモデルが展開されることとなりました。 ハッピースポーツの代名詞であるケース内のダイヤモンドとベストマッチするカラーリング。自動巻きモデルではサファイアも採用されています。 9.【2024年 新作】ルール デュ ディアマン ラウンド Ref.10A178-5321 Ref.10A178-1321 出典:Chopard 定価 -- ケース径 26㎜ 本体素材 Ref.10A178-5321=ローズゴールド Ref.10A178-1321=ホワイトゴールド ブレスレット Ref.10A178-5321=ローズゴールド Ref.10A178-1321=ホワイトゴールド キャリバー MD29 パワーリザーブ 45時間   ルール デュ ディアマンの手巻きモデル、ルール デュ ディアマン ラウンドからはマラカイト文字盤のモデルが新登場。 現代のジュエリーウォッチと貴石のコラボレーションを最大限に生かせるブランドは、ショパールが頭一つ抜けているでしょう。 10.【2024年 新作】ルール デュ ディアマン オクタゴナル Ref.10A097-1404 Ref.13A097-1112   Ref.10A097-5404 Ref.13A097-1111 出典:Chopard 定価 - ケース径 32㎜ 本体素材 Ref.10A097-1404=ホワイトゴールド Ref.13A097-1112=ホワイトゴールド Ref.10A097-5404=ローズゴールド Ref.13A097-1111=ホワイトゴールド ブレスレット Ref.10A097-1404=ホワイトゴールド Ref.13A097-1112=レザー Ref.10A097-5404=ローズゴールド Ref.13A097-1111=レザー キャリバー L.U.C 09.01-C パワーリザーブ 42時間   自動巻きモデル、ルール デュ ディアマン オクタゴナルからは4種類の新作が発表。 これまでよりもカラーバリエーションが豊富になり、個人のスタイルに合わせた選び方が可能となりました。イエベ肌、ブルべ肌のようにパーソナルカラーで選んでみるのも楽しそうです。 11.【2024年 新作】ミッレミリア クラシック クロノグラフ JX7 Ref.168619-3006 Ref.168619-4002  出典:Chopard 定価 - ケース径 40.5㎜ 本体素材 Ref.168619-3006=ステンレス Ref.168619-4002=ステンレス、イエローゴールド ブレスレット ラバー キャリバー 自動巻き パワーリザーブ 65時間   ミッレミリア クラシック クロノグラフシリーズからは2種類の新作。 クラシックカーレースへ類まれな情熱を注いでいるショパールは、今年もミッレミリアへ力を込めているようです。今回発表された2つのカラーリングもレースシーンを想定して作られているため、視認性もかなり抜群です。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は、ウォッチズアンドワンダーズにて発表されたショパールの2024年新作について紹介しました。 世界最大の時計見本市、ウォッチズアンドワンダーズに出展しているブランドは多くありますが、その中でもショパールは多種類の新作を発表しました。 皆さんにとって、参考になっていれば幸いです。

2024年4月11日
【2024年最新】ヴァシュロンコンスタンタン2024年新作モデル一覧!

2024年4月に『Watch & Wonders/ウォッチアンドワンダーズ』が待望の開催。昨年よりも一般公開日が1日長くなったことによって、ひとりでも多くの時計ファンが新しい時計を見ることができるようになりました。 根強い人気を誇るヴァシュロン・コンスタンタンの新作発表を切望していた方も多いのではないでしょうか?? さて、この記事では、今回のウォッチアンドワンダーズで発表されたヴァシュロンの新作を一挙紹介。わかりやすくまとめていますのでぜひ最後までご覧ください。 1.オーヴァーシーズ トゥールビヨン チタン 6000V/210T-H032 出典:VACHERON CONSTANTIN 定価 不明 ケース径 42.5㎜ 本体素材 チタン ブレスレット チタン キャリバー 2160 パワーリザーブ 80時間   昨年のオーヴァーシーズ トゥールビヨン ハイジュエリーに続き、チタン素材のモデルが新登場。 オーヴァーシーズのカッコいいデザインはそのままに、総重量を約半減させることで着用した時のストレスや疲労感を感じさせないモデルです。 これまでのモデルと同じく、工具を使うことなくストラップ交換も可能となっておりますので、付属のラバーストラップなどを付ければ、さらにスポーティな見た目となります。 2.オーヴァーシーズ グリーンダイヤル クロノグラフ 5520V/210R-B966 デュアルタイム 7920V/210R-B965   オートマティック 4520V/210R-B967 オートマティック 4605V/200R-B969 出典:VACHERON CONSTANTIN 定価 不明 ケース径 5520V/210R-B966=42.5㎜ 7920V/210R-B965=41㎜ 4520V/210R-B967=41㎜ 4605V/200R-B969=35㎜ 本体素材 ピンクゴールド ブレスレット ピンクゴールド キャリバー 5520V/210R-B966=5200 7920V/210R-B965=5110 DT/2 4520V/210R-B967=5100 4605V/200R-B969=1088/1 パワーリザーブ 5520V/210R-B966=52時間 7920V/210R-B965=60時間 4520V/210R-B967=60時間 4605V/200R-B969=40時間   大人気モデル、オーヴァーシーズからは新色が登場。 ピンクゴールド×グリーン文字盤で作られたかなりオシャレさを感じるモデルです。 これまでのオーヴァーシーズはシンプルな色合いのバリエーションがほとんどでしたが、今回発表されたモデルではかなり柔らかい印象を与えてくれるカラーリングが追加されました。 グリーンダイヤルモデルは5520V、7920V、4520V、4605Vの4モデルで展開されます。 3.トゥールビヨン・クロノグラフ・コレクション・エクセレンス・プラチナ 5100T/000P-H041 出典:VACHERON CONSTANTIN 定価 不明 ケース径 42.5㎜ 本体素材 プラチナ ブレスレット レザー キャリバー 3200 パワーリザーブ 65時間   ヴァシュロンの手巻きトゥールビヨンモデル、5100Tシリーズからプラチナ素材モデルが新登場。 50本限定で作られたこちらのモデルは、モノプレッシャー クロノグラフ・ムーブメントとトゥールビヨンのふたつの複雑機構を搭載しています。 また、レザーベルトのステッチもシルバーカラーとなっていて統一感も抜群。ヴァシュロンのデザイン性の高さが前面に押し出されています。 4.エジェリー ムーンフェイズ 8005F/000R-H030 出典:VACHERON CONSTANTIN 定価 不明 ケース径 37㎜ 本体素材 ピンクゴールド ブレスレット レザー キャリバー 1088 L パワーリザーブ 40時間   レディースファッションブランド、レオナール(LEONARD)のデザイナーを経験した『イーキン・イン』とコラボレーションして生まれたエジェリー ムーンフェイズ 8005F/000R-H030。 パープル×ピンクゴールドのカラーリングで作られていることから、かなりフェミニンな印象があります。ムーンフェイズとパープルの組み合わせってこんなに素敵なのか…。と感動してしまった筆者です…! ベゼルにはダイヤモンドがあしらわれ、高級感も見て取れるレディースウォッチとなっております。 5.パトリモニー ムーンフェイズ・レトログラード・デイト 4010U/000G-H070 出典:VACHERON CONSTANTIN 定価 不明 ケース径 42.5㎜ 本体素材 ホワイトゴールド ブレスレット レザー キャリバー 2460 R31L/1 パワーリザーブ 40時間   柔らかい印象を与えてくれる4010Uシリーズからも新色の4010U/000G-H070が登場しました。 既存のホワイトゴールドのモデルはベルトカラーはブラックで文字盤はホワイトと、かなりクラシックな印象を与えてくれるデザインでしたが、今回新登場したモデルはベルトがグリーン、文字盤はサンバースト仕上げのベージュカラー。かなりクラシックな見た目を持っています。 6.パトリモニー マニュアルワインディング 1410U/000G-H017、1410U/000R-H018 出典:VACHERON CONSTANTIN 定価 不明 ケース径 39㎜ 本体素材 1410U/000G-H017=ホワイトゴールド 1410U/000R-H018=ピンクゴールド ブレスレット レザー キャリバー 1440 パワーリザーブ 42時間   洗練された美しさを持つパトリモニーからも新しいデザインが発表されました。 パトリモニーのベルトカラーといえば、黒や白、ネイビーやピンクなどの絶対に外さない色で展開されておりましたが、今回発表されたのはグリーンとブルー。コーディネートの指し色として活躍するカラーリングです。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は、ヴァシュロンコンスタンタンの2024年新作モデルについて紹介しました。 今年のヴァシュロンの新作は定番のオーヴァーシーズの新色をはじめ、複雑機構のモデルやクラシックなモデルなど…。時計ブランドが求めるすべてを手にしようとする強い意志が見えたラインナップでした。 皆さんにとって、参考となっていれば幸いです。

2024年4月10日
【2024年最新】A.ランゲ&ゾーネの2024年新作モデル一覧!

2023年に初めて登場した『オデュッセウス クロノグラフ』。あの人気モデルのオデュッセウスから、まさかクロノグラフ機構のモデルが誕生するとは夢にも思っていませんでした…! あの感動から早1年。2024年4月に『Watch & Wonders/ウォッチアンドワンダーズ』が待望の開催。昨年よりも一般公開日が1日長くなったことによって、ひとりでも多くの時計ファンが新しい時計を見ることができるようになりました。 根強い人気を誇るランゲの新作発表を切望していた方も多いのではないでしょうか?? さて、この記事では、今回のウォッチアンドワンダーズで発表されたランゲの新作を一挙紹介。わかりやすくまとめていますのでぜひ最後までご覧ください。 1.ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨン・ハニーゴールド ルーメン Ref.740.055FE 出典:A.Lange & Söhne 定価 不明 ケース径 41.5㎜ 本体素材 18Kハニーゴールド ブレスレット レザー キャリバー L952.4 複雑機構 フライバック トゥールビヨン パーペチュアルカレンダー   ランゲから発表された2024年新作は、発表から25年を迎えたタドグラフ。 3つの複雑機構を搭載した限定50本のモデルとなっております。 機能性の高さはもちろん、今回のRef.740.055FEで注目を置きたいのは何と言ってもデザイン性。ランゲならではの上品さや洗練さを前面に出しているのがひと目でわかります。 また、夜光コーティングが施されていることによって、暗い場所であればあるほど輝きを増すモデルとなっています。 2.ダトグラフ・アップ/ダウン Ref.405.028、Ref.405.035、Ref.405.031   出典:A.Lange & Söhne 定価 不明 ケース径 41㎜ 本体素材 Ref.405.028=ホワイトゴールド Ref.405.035=プラチナ Ref.405.031=ピンクゴールド ブレスレット レザー キャリバー L951.6 パワーリザーブ 60時間   ダトグラフ・アップ/ダウンからは3種類の新作発表。 本体素材がホワイトゴールド、プラチナ、ピンクゴールドで作られていることから、シンプルかつ洗練されたデザインが際立ちます。クロノグラフのお手本となる腕時計です。 コチラの3つのモデルも125本限定という少ない数で生産。今後の中古市場の価格には注目していきたいモデルです。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は、A.ランゲ&ゾーネの2024年新作モデルについて紹介しました。 昨年のオデュッセウス発表から早1年…。誕生から25年を迎えたタドグラフの新作が4本も発表されました。ランゲならではの洗練されたデザインに見惚れてしまいます。 皆さんにとって、参考となっていれば幸いです。

2024年4月10日
【2024年最新】パテックフィリップ2024年新作モデル一覧!

2024年4月9日~15日に『Watch & Wonders/ウォッチアンドワンダーズ』が待望の開催。昨年よりも一般公開日が1日長くなったことによって、ひとりでも多くの時計ファンが新しい時計を見ることができるようになりました。 根強い人気を誇るパテックフィリップの新作発表を切望していた方も多いのではないでしょうか?? さて、この記事では、今回のウォッチアンドワンダーズで発表されたパテックの新作を一挙紹介。わかりやすくまとめていますのでぜひ最後までご覧ください。 1.ノーチラス 5980/60G-001 出典:PATEK PHILIPPE 定価 ¥11,900,000 ケース径 40.5㎜ 本体素材 ホワイトゴールド ブレスレット デニム ベゼル ホワイトゴールド キャリバー CH 28‑520 C パワーリザーブ 48時間 パテックフィリップの代表モデル『ノーチラス』からも新作が登場。 ブルーグレー・オパーリン文字盤にホワイトゴールドを本体に採用したモデルです。 また、ブレスレットにはデニム素材が採用されており、これまでのノーチラスの高級感とは全く違うカジュアルテイストのモデルとなっております。 ワールドタイムにもデニム素材が採用されておりますので、今年のパテックのコンセプトはカジュアルなのではないのかなと思います。 2.アクアノート 5164G-001、5269R-001、5268/461G-001 出典:PATEK PHILIPPE 定価 5164G-001=¥9,510,000 5269R-001=¥5,330,000 5268/461G-001=¥35,530,000 ケース径 5164G-001=40.8㎜ 5269R-001=38.8 mm 5268/461G-001=38.8 mm 本体素材 5164G-001=ホワイトゴールド 5269R-001=ローズゴールド 5268/461G-001=ホワイトゴールド ブレスレット ラバー ベゼル 5164G-001=ホワイトゴールド 5269R-001=ローズゴールド 5268/461G-001=ダイヤモンド、サファイア キャリバー 26‑330 S C FUS E 23‑250 S FUS 24H 26‑330 S 2024年のアクアノートからは3種類の新作が発表。 自動巻きムーブメントを搭載したアクアノート・トラベルタイム 5164Gでは、初めてホワイトゴールドを採用したモデルが誕生しました。 ホワイトゴールドの清潔感とブルーグレー・オパーリン文字盤は完璧にマッチ。ありそうでなかったカラーリングは人気爆発することで間違いないでしょう。 3.ワールドタイム 5330G-001   出典:PATEK PHILIPPE 定価 ¥11,550,000 ケース径 40㎜ 本体素材 ホワイトゴールド ブレスレット デニム ベゼル ホワイトゴールド キャリバー 240 HU C 2023年6月に東京で開催された『ウォッチアート・グランド・エキシビション』にて、リミテッドエディションとして発表された5330が、2024年の新作として登場しました。 ベルトにはデニム素材が採用されていることから、高級感はありつつもカジュアルな見た目でバランスが取れているモデルです。 4.グランドコンプリケーション 5520RG-001、5160/500R-001、5236P-010  出典:PATEK PHILIPPE 定価 5520RG-001=¥39,090,000 5160/500R-001=¥30,470,000 5236P-010=¥21,320,000 ケース径 40㎜ 本体素材 5520RG-001=ローズゴールド、ホワイトゴールド 5160/500R-001=ローズゴールド 5236P-010=ホワイトゴールド ブレスレット レザー ベゼル 5520RG-001=ローズゴールド 5160/500R-001=ローズゴールド 5236P-010=ホワイトゴールド キャリバー AL 30‑660 S C FUS 26‑330 S QR 31‑260 PS QL パテックフィリップの複雑機構シリーズ、グランドコンプリケーションからは3種類の新作。 全てのモデルからはパテック特有のクラシックさが感じ取れるのが魅力的。それぞれヴィンテージ感を醸し出しながらも、本体にローズゴールド、ホワイトゴールドを採用していることから最高の高級感があります。 特に5160/500Rは本体に彫刻が施されており、間違いのないパテック感が楽しめるモデルです。ムーンフェイズも搭載されていることから、「オシャレ」「モダン」「クラシック」の三拍子そろっています。 5.コンプリケーション 5396G-017 出典:PATEK PHILIPPE 定価 ¥9,580,000 ケース径 38.5㎜ 本体素材 ホワイトゴールド ブレスレット レザー ベゼル ホワイトゴールド キャリバー 26‑330 S QA LU 24H コンプリケーションシリーズからは、メンズ向けモデル5396の新作。 中心から外側に向かって色濃くなるグラデーションがかかっているブルーソレイユ文字盤が魅力的。インデックスにはバケットダイヤが12個あしらわれていることで、高級感も忘れません。 筆者的には一番渋くてかっこいいと感じたモデルです…。 6.ゴールデンエリプス5738/1R-001 出典:PATEK PHILIPPE 定価 ¥9,060,000 ケース径 34.5㎜ 本体素材 ローズゴールド ブレスレット ローズゴールド ベゼル ローズゴールド キャリバー 240 パテックフィリップの腕時計モデルの中でも、長い歴史を持つゴールデンエリプスからはローズゴールドを採用したモデルが新登場。 大型のゴールデンエリプスである5738シリーズのメタルブレスレットが採用されたのは初めてです。こちらもありそうでなかったモデルだなと感じました。前面ポリッシュ仕上げで作られていることから、ジュエリー感覚でつけてもかなり渋さを出せるでしょう。 7.TWENTY~4 4910/1201R-010 出典:PATEK PHILIPPE 定価 ¥7,180,000 ケース径 25.1㎜ 本体素材 ローズゴールド ブレスレット ローズゴールド ベゼル ダイヤモンド キャリバー E 15 パテックフィリップのレディース代表モデルであるTWENTY~4からも新作が登場。 Twenty~4の誕生25周年を記念して作られた新作の4910/1201R-010は、パープルカラーで作られた波状彫りの文字盤が特徴的。半透明のパープルラックを何重にも塗装して奥行を生み出しています。 また、ベゼルにあしらわれたダイヤモンドも相まって類まれな高級感も魅力的。女性の手元を煌びやかに彩ってくれる腕時計となっています。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は、パテックフィリップの2024年新作モデルを紹介させていただきました。 腕時計界の王者、パテックフィリップが生み出した2024年の新作は、これまでの高級感にカジュアルさをプラスしたモデルが多く見受けられました。今年のパテックはカジュアル路線で行くのではないかと考えています。 皆さんにとって参考となっていれば幸いです。

2024年4月10日
【2024年最新】ロレックス2024年新作モデル一覧!

2023年の高級時計界隈を驚かせた新型デイトナ アイスブルー(Ref.126506)やモダンな40㎜のケースサイズのオイスターパーペチュアル(Ref.224270)の登場から早1年……。 2024年4月9日~15日『Watch & Wonders/ウォッチアンドワンダーズ』が開催。昨年よりも一般公開日が1日長くなり、ひとりでも多くの時計ファンが新作を目にできるようになりました。 ロレックスの新作発表を心待ちにしていた方々も多いですよね! この記事では、今回のウォッチアンドワンダーズで発表されたロレックスの2024年新作を一気に紹介。わかりやすくまとめていますのでぜひ最後までご覧ください。 1.【2024年 新作】コスモグラフ デイトナ Ref.126579RBR、Ref.126589RBR、Ref.126539TBR 出典:ROLEX 定価 Ref.126579RBR=¥10,103,510 Ref.126589RBR=¥8,858,300 Ref.126539TBR=¥16,503,300 ケース径 40㎜ 本体素材 ホワイトゴールド ブレスレット オイスター オイスターフレックス ベゼル ダイヤモンド キャリバー Cal.4131 パワーリザーブ 72時間   ロレックスを代表するモデル、コスモグラフデイトナからもベゼルダイヤの新作が登場。 ベゼルにダイヤモンドがあしらわれて作られたデイトナからは、スポーティでありながらも圧倒的な高級感が感じられます。 オイスターブレスのモデルとオイスターフレックスのモデルの2種類で展開。いままでも高級感のあるデイトナは多く誕生していますが、2024年新作のデイトナも圧倒的なラグジュアリーを楽しむことができそうです。 また、今回発表されたデイトナで驚いたのは何と言っても文字盤ですよね。 ブラックシェル×ホワイトシェルの文字盤はかなりユニークなデザインのクロノグラフだなと筆者も感じました。。。 2.【2024年 新作】GMTマスターⅡ Ref.126710GRNR 出典:ROLEX 定価 ¥1,540,000 ケース径 40㎜ 本体素材 オイスタースチール ブレスレット オイスター ジュビリー ベゼル セラミック キャリバー Cal.3285 パワーリザーブ 70時間 第二時間帯が確認できるGMTマスターの新作はステンレス素材のGRNR。 これまではロレゾール素材や無垢素材にしかなかったGRNRですが、ステンレス素材を採用して作られました。 GMTマスター最大の特徴であるGMT針は緑色。黒文字盤と合わせてかなり見やすいデザインとなっています。 4.【2024年 新作】スカイドゥエラー Ref.336935、Ref.336938 出典:ROLEX 定価 Ref.336935=¥7,482,200 Ref.336938=¥7,066,400 ケース径 42㎜ 本体素材 エバーローズゴールド イエローゴールド ブレスレット ジュビリー ベゼル エバーローズゴールド イエローゴールド キャリバー Cal.9002 パワーリザーブ 72時間 ロレックス唯一の複雑機構モデル、スカイドゥエラーから金無垢ジュビリーブレスレットのモデルが登場。 これまでジュビリーブレスレットのスカイドゥエラーはコンビモデルのみの展開となっておりましたが、ここにきてついにエバーローズゴールドとイエローゴールドの無垢素材で作られたモデルが発表されました。 スカド特有の高級感がこれまでよりも感じ取れるようになりました。 5.【2024年 新作】ディープシー Ref.136668LB 出典:ROLEX 定価 ¥7,510,800 ケース径 44㎜ 本体素材 イエローゴールド ブレスレット オイスター ベゼル セラミック キャリバー Cal.3255 パワーリザーブ 70時間 ロレックスが展開している至極のダイバーズウォッチ、ディープシーの新作は金無垢モデル。 もはや「ダイバーズウォッチなのか。。。?」と思わず突っ込んでしまいたくなる素材で、かなりユニークさを感じます。 ベゼルと文字盤がブルー(LB)のモデルは今回が初登場です。 統一感が生まれていてカッコいいですね。 6.【2024年 新作】デイデイト40 Ref.228235、Ref.228239、Ref.228345RBR 出典:ROLEX 定価 Ref.228235=¥5,985,100 Ref.228239=¥6,770,500 Ref.228345RBR=¥8,459,000 ケース径 40㎜ 本体素材 エバーローズゴールド ホワイトゴールド ブレスレット プレジデント ベゼル エバーローズゴールド ホワイトゴールド キャリバー Cal.3255 パワーリザーブ 70時間 ロレックスの中でも最大級の高級感を持つ、デイデイト。 2024年新作では文字盤色が追加されることとなりました。 デイデイト40で注目なのはスレートオンブレ文字盤のモデル。 文字盤カラーはもちろん、ローマインデックス表記がモダンでさらにかっこよくなりました。 7.デイデイト36 Ref.128238、Ref.128395TBR 出典:ROLEX 定価 Ref.128238=¥5,051,200 Ref.128395TBR=¥11,511,500 ケース径 36㎜ 本体素材 エバーローズゴールド ホワイトゴールド ブレスレット プレジデント ベゼル エバーローズゴールド ホワイトゴールド キャリバー Cal.3255 パワーリザーブ 70時間 デイデイト40に続いて、少し小さめのサイズのデイデイト36からも新作が発表。 イエローゴールド×ホワイト文字盤の7デイデイトは、逆に今までなかったのか。。。と感じるくらいしっくりくるカラーリングです。また、ダイヤモンド入りベゼルのモデルも展開されて、これまでよりもより高級感を感じ取れます。 8.【2024年 新作】1908/チェリーニ Ref.52506 出典:ROLEX 定価 ¥4,370,300 ケース径 39㎜ 本体素材 プラチナ レザー ブレスレット レザー ベゼル プラチナ キャリバー Cal.7140 パワーリザーブ 66時間 2023年の新作発表で姿を現した1908。 当時はチェリーニの復刻版として大きな注目を集めました。 そんな1908からはギョーシェ彫りのアイスブルー文字盤が新登場。チェリーニのクラシックなイメージを崩さずに、ちょっとした遊び心を取り入れたデザインとなりました。 アイスブルーカラーの文字盤を採用しているのは、デイトナ、デイデイト、1908の3種類となっています。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は、ロレックスの2024年新作を紹介させていただきました。 安定にかっこいいモデルや高級感を前面に出したモデルなどなど…。今年のロレックスのモデルからはかなりユニークな戦略が感じ取れるなと筆者は感じました。 皆さんにとっての知識となっていれば幸いです。

2024年4月9日
【完全保存版】ジーショックとは。丈夫な理由や歴史を徹底解説!

壊れない時計として世界的に愛されている『G-SHOCK (ジーショック)』 もはや知らない人を探す方が難しいのではないでしょうか。 ジーショックはカシオが発売している「落としても壊れない腕時計」という印象をお持ちの方が多いと思いますが、実はそれだけではありません。多彩な機能や年齢に合わせたデザインなど様々な魅力を秘めています。 さらに、誰もが知る世界的なアーティストや俳優などもジーショックの腕時計を付けており、根強く愛されている商品なのです。 今回は、そんなジーショックの秘めている魅力や歴史、選ぶときに気にしたいポイントなどを深堀りしていきます。ジーショックを持っているのに、まだどんな腕時計なのか詳しく知れていない方は必見。 ぜひ最後まで読んでいただけたら幸いです。 1.丈夫な時計で知られる『ジーショック』とは? ジーショックの腕時計は落としても壊れないと言われているほど『丈夫な時計』として知られていますが、デザイン性にもこだわっている点も長く愛され続けている理由と言えます。 この人気は日本国内にとどまらず、スポーツ大国であるアメリカを中心に世界中で愛されているほどです。 さて、この章では、ジーショックとはどんな腕時計なのかについて解説させていただきます。 1-1.カシオが発売する時計ブランド ジーショックはカシオ計算機株式会社が発売している時計ブランドの一つ。 カシオ計算機株式会社は電卓、電子辞書、電子楽器、時計などを販売している日本の電機メーカーです。製品やサービスなどの正式なブランド名として「CASIO(カシオ)」が使われており、よく耳にするのは会社名ではなくブランド名のカシオではないでしょうか。 落としても壊れない時計を作りたいという開発者の想いから、ジーショックという革命的な腕時計が生まれ、現在カシオが発売する時計ブランドの中で人気ランキング1位という実績を誇っております。 ランキングは以下の通りです。 1位:G-SHOCK 2位:オシアナス 3位:ウェーブセプター 4位:プロトレック 5位:ウェーブ 現在では世界中から注目されているジーショックですが、当時は薄型の腕時計が主流で誕生当初はあまり人気がなく、これまでの常識からかけ離れていることから日本ではなかなか受け入れられていなかったそうです。 そんな中で、最初に「壊れない時計」の実用性に価値を感じたのが日本ではなくアメリカでした。 大ヒットのきっかけとなったのが、アメリカで放映されたテレビCMです。 アイスホッケーの選手がパック(玉)の代わりにジーショックを強烈にシュートするという面白いテレビCMで丈夫さを体現し、話題になりました。 「本当に壊れないのか?」と疑問を抱いていた人々に衝撃を与え、次第に口コミなどが広まったことで信用と信頼を獲得。その後、圧倒的な丈夫さや機能性で認知をさらに広げ『G-SHOCKブーム』と呼ばれるほど人気が生まれました。 ちなみに 最初はジーショックの丈夫さを証明すべく、象に踏ませようとしていたようです。 ジーショックの開発者である『伊部菊雄氏』が「象にケガさせてしまったら大変」と感じたことによってアイスホッケーのテレビCMを流すことにしました。象のケガを心配するほど、ジーショックの丈夫さに自信があったことが伝わりますね。   1-2.落としても壊れない時計で有名 やはりジーショックの最大の特徴は『落としても壊れない丈夫さ』 腕時計の最大の弱点は衝撃と言われておりますが、その概念を覆したのがジーショックです。 G-SHOCKは「G=Gravity(グラビティ:重力)」「Shock(ショック:衝撃)」が名前の由来となっており、落下による引力の衝撃に耐えるという意味も込められているそうです。 1980年代の腕時計のイメージはパソコンやカメラなどと同じく「衝撃に弱い」「水に弱い」「針が動かなくなる」といったデリケートな精密機器でした。ジーショックという革命的な腕時計が発売されたことは世界中に驚きを与えたのです。 現在でもジーショックといえば、壊れなくて安心という印象がありますよね。 自衛隊や警察、そして海外の軍隊などの人々が多く使用していると言われているほど、耐久性が高いこともわかります。悪環境で戦う軍隊の方が使用しても耐えうる防御力には驚愕ですよね。日常生活では壊れる心配がほとんどない腕時計と言っても過言ではないでしょう。 1-3.丈夫さだけでなく、デザイン性も優れている 特に男性から熱い支持を受けるジーショックは「落としても壊れない丈夫さ」だけでなく、デザイン性も非常に優れています。 初期のモデルは無骨さを感じさせるようなデザインがメインでしたが、知名度が上がるにつれてデザインの幅が広がりました。 昨今では大人スタイルを引き立てるデザインも流行っており、普段使いしやすい「カジュアル」なものから、ビジネスシーンで使える「スタイリッシュでコンパクト」なものまで幅広いモデルを展開しているのです。 例えば、メタル素材でスタイリッシュなデザインのフルメタルのカシオークは、落ち着いたイメージを演出し、ファッションだけでなくスーツスタイルに合わせて楽しむこともできます。 スタイリッシュなデザインでも、しっかりと存在感を出してくれるジーショック。丈夫なだけでなくデザイン性の高さも人気の秘訣。ジーショックが好きな方は、用途に合わせて様々なモデルをコレクションするのも楽しいこと間違いなしです。 2.現在に至るまでの『ジーショック』の歴史。 ジーショックは「PROJECT TEAM Tough」というカシオの若手社員3名の開発チームによって誕生しました。 ジーショックの開発に関わったのは以下の3名です。 ・増田裕一氏(商品企画を担当) ・二階堂隆氏(デザインを担当) ・伊部菊雄氏(設計を担当) 3人のうちの1人である『伊部菊雄氏』が設計を担当。何度も研究と実験を繰り返したことで「落としても壊れない時計」の開発を実現し、まさに努力の結晶と言えます。 この章では「落としても壊れない時計を作ろう」と踏み出したきっかけや、絶対に叶わないと思っていたジーショックの開発が、どのような課題に取り組み誕生したのかなどの歴史について深掘りしていきます。 また、2023年に40周年を迎えたジーショックについても話していますので、ぜひ最後までご覧ください。 2-1.大切な腕時計を壊してしまった開発者の想いがジーショックの始まり ジーショックの始まりは、開発者のひとりである『伊部菊雄氏』が大切な腕時計を壊してしまった想いが原点です。 伊部氏は1976年にカシオ計算機株式会社に入社。時計事業部に配属され、時計の設計に携わっていました。 入社当時、伊部氏は高校の入学祝いで初めて父親に買ってもらった腕時計を愛用していました。その時代、腕時計は精密機器であることから「落としたら壊れてしまう」という認識が当たり前で、腕時計をとても大事に扱っていました。 しかし、腕時計を不注意で落として壊してしまったのです。 バラバラになった部品を見て「落としても壊れない時計」を作ろうと思ったのがジーショック開発のきっかけとなりました。工場現場でも使える丈夫な腕時計をこの世に生み出すことができれば、絶対に役立つと考えたようです。 その後、伊部氏は1981年に「落としても壊れない時計」の企画提案書を会社に提出し、本格的にジーショックの開発が始動していくことになります。 2-2.幾度となく失敗を重ねる 落としても壊れない時計「ジーショック」の開発を始めたものの、幾度となく失敗を重ねました。 伊部氏は、壊れやすい電子部品に緩衝材を使い、衝撃をやわらげれば大丈夫だろうと考えましたが、当初の見立ては甘くビルの3階のトイレの窓(10メートルの高さ)から何度落としても壊れてしまうという結果に、、 数十回、数百回壊れないかのテストを繰り返し緩衝材を増やした結果、ソフトボールくらいの大きさになることで壊れなくなりました。しかし、時計としての商品化には難しく頭を抱える状況に陥ったようです。 数々の失敗の末、腕時計の心臓部である「モジュール」を5つのパーツで保護する『5段階衝撃吸収構造』を考えましたが、なぜか必ずどこかの部品が1つだけ壊れてしまいました。 その後、開発開始から一年という月日が経ち、絶望していたとのことです。当時は、本当に難しい挑戦だったことが身に染みて感じますね。 2-3.ひとつの発想から壊れない時計を実現 実験をエンドレスに行ったが解決策は浮かばず「落としても壊れない時計」の開発を諦めそうになっていた時、あるひとつの発想により転機を迎えることとなります。 ある日、行き詰まっていた伊部氏は公園を訪れ、ボールで遊んでいる子供たちを見かけます。そこで「弾むゴムボールの中では衝撃は伝わらない」という閃きが突如浮かび上がりました。 その閃きから、モジュールを浮かせる『中空構造』を考案。中空構造と5段階衝撃吸収構造を組み合わせることで、伊部氏は10mの高さから落としても壊れない構造を作り上げることについに成功しました。 このような苦労した過去もありましたが、今もなおジーショックは「落としても壊れない時計」として世界中から根強く愛されているのです。 2-4.2023年に40周年を迎えたジーショック 2023年、ジーショックは誕生40周年を迎え、限定モデルを発売しています。 40周年を記念して開発した世界で1本の限定モデルが、米国のオークションで約40万ドル(約5800万円)で落札。 カシオが12月上旬に米ニューヨークで開催されたオークションに出品。予想落札価格は7万〜14万ドル(約1000万〜2000万円)でしたが、予想を大幅に上回るプレミア価格となりました。 限定モデルは、2021年にカシオの若手社員が開発を始め、18金イエローゴールドを使用しており、全体的に眩しい黄金を感じられる一品です。 また、「G-SHOCK(ジーショック)の40周年」と「FROGMAN(フロッグマン)の30周年」を祝い、ダブルアニバーサリーとして世界で700本限定で『MRG-BF1000E』が販売されました。フロッグマン初のカラーモデルを思い起こさせるイエローを色取っています。 モデルのベースとなったのが、ジーショックの最高峰シリーズ「MR-G」と「フロッグマン」のハイブリッドモデル『MRG-BF1000R』です。そして、「G-SHOCK」と「フロッグマン」のバッジを装飾した木材式の専用パッケージもついてくることから、コレクションとしても最適です。 3.大人でもダサくない。『ジーショック』の4つの魅力 ジーショックは、大人がつけるとダサい?という声が上がっているのをよく見かけますが、そんなことは一切ありません。ビジネスシーンやファッションなどで多くの場面で使用することが可能です。 この章では、下記4つの魅力について解説させていただきます。 ・①追求された『丈夫さ』 ・②年齢にマッチしたデザインが選べる ・③ビジネスシーンやプライベートにも使いやすい ・④世界的な有名アーティストも使用している ぜひ最後までご覧ください。 3-1.①追求された『丈夫さ』 ジーショックの魅力と言えば、追求された『丈夫さ』です。 様々な時計メーカーが耐衝撃性を追求し研究していましたが、しばらくの間は決め手となる案はありませんでした。その状況の中で「衝撃」の課題をクリアしたのがカシオのジーショックです。 「弾むゴムボールの中では衝撃は伝わらない」という発想から、時計内部のモジュールをケース内で浮かせた中空構造で外部からの衝撃を緩和。最新のモデルでは振動吸収材に柔らかい「αGELⓇ」を使うことで振動を吸収し、耐衝撃性に加えて耐遠心力と耐振動性も高めた「トリプルGレジスト」に進化しました。 また、振動することで生まれる部品の緩みをなくすために、アルミニウム製のワッシャーやOリング(裏ふたのパッキン)を組み合わせる対策も取っています。 さらには、水にも強く全モデル20気圧防水という優れた防水性能も持ち合わせており、日々生活する中での水濡れはもちろん、釣りやマリンスポーツにも問題ありません。精密機器の最大の弱点である衝撃や水に耐えうるジーショックは、まさに「鉄壁の時計」と言えるでしょう。 3-2.②年齢にマッチしたデザインが選べる ジーショックはモデルやデザインの豊富さから、年齢や性別にマッチした時計を選べることも魅力の一つ。若い層から人気があると思われがちなジーショックですが、大人らしさを演出するデザインも多数発売しています。 例えば、日常生活で活躍するDW-H5600シリーズは、落ちついたカラーリングやコンパクトなサイズ感から大人の余裕を感じられます。また、豊富な機能も備わっていることも大人からの支持を集めている理由の一つと言えるでしょう。 他にも大人の渋さを引き出してくれるデザインから、スタイリッシュなデザインなど好みに合わせて選べるので幅広い年代の人が使用できるのです。 3-3.③ビジネスシーンやプライベートにも使いやすい ジーショックの時計はビジネスシーンやプライベートなど用途によって使い分けて楽しめることもジーショックの魅力です。 「ビジネスシーンにも使えるの?」 と不安に感じる方も多いかと思います。 正直なところ「丈夫さ」をコンセプトにしたジーショックは、ビジネスシーンに使用する印象がなかったのも事実ですが、昨今のビジネスシーンではG-SHOCKを愛用している人も多く、一般的にも愛用している人も多いブランドとなりました。 ビジネスシーンではメタル素材を使った時計でスタイリッシュに、普段使いにはカジュアルに使い分けることができます。 また、モデルによってはGPS受信機能、心拍計測機能、睡眠による回復度の解析といった機能が数多く搭載しており、ビジネスから日常生活まで便利に過ごせるのも良さです。 3-4.④世界的な有名アーティストも使用している ジーショックは、あの誰もが知る世界トップアーティスト『ジャスティン・ビーバー』などの大物有名人が使用していることも魅力です。 ジーショックの愛用者には、ジャスティン・ビーバーだけでなく ・カニエ・ウェスト(ヒップホップMC) ・エミネム(ヒップホップMC) ・RM(BTS) ・木村拓哉(俳優) ・ヒロミ(お笑いタレント) ・とんねるず木梨憲武(芸人) など日本だけにとどまらず、世界中の有名人から人気のブランドです。 ちなみに とんねるずの木梨憲武さんは、ジーショックと同世代という親近感もあり、普段からジーショックを愛用しているようです。昔から「イルクジ」や「マンタ」などのモデルを集めたりしていたそうで、かなりの大ファンと言えます。   4.ジーショックの選ぶ時に気にしたい4つのポイント ジーショックの腕時計を選ぶ際、モデルやデザインが豊富でどれを買えばいいのかわからないと感じる方もいるかと思います。 選択肢が多いのは嬉しいですけど、悩んでしまいますよね… この章では、以下4つの選ぶときに気にしたいポイントを解説させていただきます。 ・①表示方式:アナログ派?デジタル派? ・②電源方式:電池orソーラー ・③機能:多彩な機能で便利 ・④デザイン:個性を出せるデザイン 参考になれば幸いです。 4-1.①表示方式:アナログ派?デジタル派? ジーショックには、デジタル表示のモデルと針が付いているアナログモデル、加えてアナデジと呼ばれるデジタルとアナログが合わさったモデルもあります。 デジタル アナログ アナデジ ・数字で時間が見やすい ・シンプルなデザイン ・コンパクト ・派手につけられる ・高級感がある ・丈夫さ ・針と数字が両方ある ・スタイリッシュ ・ワールドタイム機能 出典:CASIO 時間を瞬時に確認したいなら「デジタル」、派手に時計を付けたいなら「アナログ」、海外に出張したりする人に「アナデジ」。 ※ワールドタイム機能はアナデジモデル以外にもあります。 使用する用途やご自身の好みで選ぶと良いでしょう。 4-2.②電源方式:電池orソーラー ジーショックの時計を選ぶポイントとして電源方式も重要です。 電池式とソーラー充電式の2種類に分けられており、それぞれに特徴があります。 4-2-1.電池式 その名の通り、電池駆動式の腕時計です。 電池の寿命が続く限り時計は動き続けるので、基本的には動かなくなるといった心配はありません。夜間や光の当たらない場所でも問題ありません。夜間のお仕事をしている方は特に最適と言えます。 電池交換に関してはG‐SHOCKの防水機能をキープするために、プロにお願いするのが安全と言えます。(カシオの修理受付サービスや時計店、家電量販店など) 4-2-2.ソーラー充電式(タフソーラー機能) ソーラー充電式は光によって時計を充電する電源方式です。 ジーショックではわずかな光でも発電する『タフソーラー』という充電システムを採用しています。 タフソーラーとは、時計の盤面にあるソーラーパネルによって太陽光や蛍光灯などの光を時計の動力に変換する「カシオ独自のソーラー充電システム」です。わずかな光でも発電するソーラーパネルと大容量の二次電池を組み合わせることで、安定した駆動を実現しています。 1回の充電で5〜6ヶ月ほど駆動することが可能となっており、室内の光でも十分に充電できるのが大きな特徴。普段の日常生活で「充電がない」といったことは基本ありません。 ただし、カバンの中や机の引き出しなどにしまい込んだままにしていると、いざ使用するといった時に充電がないという状況になりかねませんので、少しだけ注意が必要です。 4-3.③機能:多彩な機能で便利 ジーショックには多彩な機能が多くあり、使いこなすことで普段の生活に便利です。 ここでは、3つの機能をご紹介させていただきます。 4-3-1.スマートフォンリンク Bluetooth通信でスマートフォン(スマホ)と連携し、時刻の精度と簡単操作を同時にできます。 ・自動時刻修正 1日4回スマホに自動で接続して時刻修正を行ってくれる機能。 タイムゾーンを超えて移動した際は、ボタンを1回押すだけで現地の時刻を表示できる、大変優れた機能です。また、世界各国の時刻ルールを収集し時計の内部に反映など、常に最新の時刻情報をもとに時刻修正をしてくれます。 ・簡単時計設定 世界300都市以上のワールドタイムとして都市設定や時刻アラーム・タイマー設定など時計の各種機能をG‐SHOCK専用アプリで簡単に設定ができます。時計を操作することなくスマホ上で行えるのは非常に便利です。 4-3-2.GPS電波受信 GPS衛星から位置情報、時刻情報を取得してユーザーのいる現在地のタイムゾーン、サマータイムの有無を自動解析し正確に時刻を合わせる方式です。 1日1回の自動受信にも対応しており、GPS衛星を補足するのに最短で3秒、トータル最短7秒で時刻を修正することができます。高速かつ精度の高い時差設定が可能で、このGPS衛星電波受信は海外や国内を旅行する方にとても便利な機能です。 4-3-3.マルチバンド6(標準電波受信) 耐衝撃小型アンテナで、時刻情報が含まれた標準電波を高精度受信します。屋内・屋外の電波を受信し、日本、北米、イギリス、ドイツ、中国の標準電波に対応。夜間でも最大6回自動受信を行い、正しい時刻へと調整してくれるのです。 4-4.④デザイン:個性を出せるデザイン ジーショックはデザイン性が豊富で自分色に染められます。 中でも、自分好みにカスタマイズすることができる『MY G-SHOCK』は個性を存分に出せます。初号機を引き継ぐ『DWE-5610』をベースに、ベゼル、バンド、パーツの色を選び自分好みのモデルが作れる新たなサービスとして人気を誇っているのです。 カシオオンライン限定サービスでは、100億通り以上の組み合わせが可能となっており、個性を出せるだけでなく唯一無二の時計が作ることができます。 「人と被らないデザイン」を選ぶ基準にしている人は、MY G-SHOCKでカスタマイズを楽しみながら、自分だけの腕時計を作ってみてはいかがでしょうか。 5.筆者イチオシ!愛用すべきG-SHOCKオススメ10選 ジーショックは、様々なモデルやコラボ限定商品などを世に販売しています。 この章では、ジーショックを愛する筆者がイチオシのジーショック10選をご紹介したいと思います。誰もが知る有名俳優がドラマで着用したアイテムや世界に400本しかない激レア腕時計があったり…? 新しい腕時計を購入予定の方は必見。少しでも参考になれば幸いです。 5-1.フロッグマン『GWF-D1000JCG-9JR』 出典:CASIO ジーショックの大人気シリーズ『フロッグマン』と海上保安庁との夢のコラボレーション。 海上保安制度70周年を記念した商品となっており、潜水の専門家が求めたスペックを備えている特別な一品です。黒と黄色の組み合わせもフロッグマンらしさを演出し、また水深計やコンパス、温度計など、ダイバーに考慮した必要な機能がたくさんついております。 そして裏蓋には、海上保安庁の庁旗に用いられている羅針盤をデザインしたシンボルも入っているのです。 ダイバーはもちろん、デザインがかっこいいのでファッションのワンポイントとしてもおすすめです。 5-2.カスタマイズで個性表現『DWE-5610』 出典:CASIO 好きな色を選んでパーツごとにカスタマイズすることができます。 オリジナリティを加えて個性を最大限に表現できるので、世界にひとつだけの腕時計にできるのが魅力。つければつけるほど愛着が湧いてくる一品です。 カシオのホームページでは2024年メンズおすすめランキング堂々の1位を獲得しており、かなり人気な商品だと思われます。 家族とお揃いにカスタマイズして楽しむのもいいでしょう。 5-3.キムタクが愛用『DW-5600FS-3JF』 出典:CASIO モスグリーンの色が特徴的で、飾り気がなくオンでもオフでも使用できるラフなデザインが魅力です。 元SMAPのキムタクこと、木村拓哉さんがドラマ『HERO』に着用してことにより注目を浴びたモデル。「DW-5600FS-3JF」は2005年12月に発売されたモデルですが、2007年9月に『HERO』が映画化されたことにより再版された時計です。 キムタクが愛用したこともあり、かなり人気な商品なので興味がある方はチェックしてみてください。 5-4.マッドマンのトリプルセンサーモデル『GW-9500-3JF』 出典:CASIO 陸・空・海の過酷な現場で戦う男たちをサポートするG-SHOCK MASTER OF Gシリーズから、マッドレジスト構造を搭載したMUDMANのトリプルセンサーモデル。3つの小型センサーで高度、方位、気圧/温度を計測し、予測できない自然環境を的確に感知する優れものです。 電波ソーラーなど実用性にもよく、なんといっても男心を掴むようなデザインがたまりません。。そして裏蓋には、MUDMANのシンボルであるモグラのキャラクターがコンパスを持っている姿が刻印されています。 過酷な自然環境に立ち向かう男性は持っていて損なし。日常生活にも映えるカッコよさなのでおすすめです。 5-5.エミネムがMVで着用『GD-X6900MNM-1JR』 出典:CASIO G-SHOCK×EMINEM(エミネム)コラボレーションモデル『GD-X6900MNM-1JR』。 この商品はジーショック30周年を記念したエミネムとのスペシャルコラボレーションです。エミネムとは、ラップシーンでは絶大な支持を受けているアメリカのヒップホップMCで、天才と言われるほどの世界的に人気を誇るトップアーティスト。 エミネム「Highr」のMVで『GD-X6900MNM-1JR』を着用し、MVが公開されるとオンラインショップではすぐに売りきれるほどの人気商品なのです。 ヒップホップ好きには絶対に手に入れたいアイテムと言ってもいいでしょう。デザインもシンプルなのでファッション目的で欲しいという方にもおすすめと言えます。 5-6.ジャスティン・ビーバーが着用『GLX-5600-7JF』 出典:CASIO 世界中で注目を集める『ジャスティン・ビーバー』が着用していた時計。 「シンプルなデザインが最高!」という声が上がるほど、満足度が高い一品です。 ジャスティン・ビーバーもG-SHOCKのファンで10代の頃はよく着用していましたが、大人になってからはあまり見かけなくなりました。大人になった今でもジーショックを使っていると信じたい…。 ジャスティンとお揃いにしたい、シンプルなデザインが欲しいという方は普段使いに最適なアイテムなので是非チェックしてみてださい。 5-7.エリック・ヘイズコラボ『GMW-B5000EH-1JR』 出典:CASIO G-SHOCK40周年を記念した『エリック・ヘイズ』とのコラボ商品。 エリック・ヘイズとはNYを代表するグラフィティ・アート界のパイオニアとして知られ、世間では「豪華なコラボすぎる!」という声も上がっています。まさに40周年にふさわしいスペシャルモデルです。 レーザー彫刻でオリジナルのグラフィックを点描しており、大中小のドット(点、水玉模様)サイズの組み合わせで濃淡を表現しています。 とにかく色合いや、オリジナルのグラフィックがかっこよくて筆者イチオシといえる一品です。同じ意見の方いたら幸いです。 5-8.世界で400本限定『MRG-B2000BS-3AJR』 出典:CASIO 世界で400本しか作られていないMR-Gの25周年限定モデル。とにかく数が少ないので、入手困難なアイテムです。 コンセプトは「華婆娑羅(ハナバサラ)」で、強さと華やかさを併せ持っている至高の一品と言えます。 ベゼルとバンドに「鉄色(くろがねいろ)」と呼ばれる日本の伝統色を再現しており、独創的なデザインで存在感を放っているのも特徴の一つです。 他人と被ることも少ないので、持っていたらかっこいいこと間違いなしですね。 5-9.昇りゆく太陽を表現『GW-M5630A-4JR』 出典:CASIO 30周年を記念して発売された限定モデル。 昇りゆく太陽を表現した赤色「Rising RED(ライジングレッド)」が特徴的で、日本ブランドとしての誇りや存在感を感じさせます。 「色が気に入りました」と声が上がるほど、ジーショックファンの心を鷲掴みにしているアイテムです。 昇りゆく太陽のような男性は必見。是非チェックしてみてください。 5-10.カシオーク『GM-2100-1AJF』 出典:CASIO 高級感があり人気な2100モデル。「シンプルなデザインで飽きがこない」と絶賛のアイテムとなっております。八角形のベゼルが特徴的で、時計ファンの間では「カシオーク」と呼ばれ世界中で知名度を広げているのです。 シンプルな服装にアクセントとして存在感を出したり、ビジネスシーンでスーツにも合わせやすく、どんな場面でも活躍してくれる一品。 オンでもオフでも気にせずに使えるので、種類が多くて悩んでいる方にはカシオークが非常におすすめです。 まとめ いかがだったでしょうか? 『G-SHOCK (ジーショック)』とは、カシオが発売している時計ブランドの一つ。 「追求された丈夫さ」と「デザイン性」が魅力です。ジーショックの始まりは、開発者である『伊部菊雄氏』の想いがきっかけで世の中に誕生し、現在では世界中から愛されるほど名を馳せているのです。 他の時計ブランドにはない独自の機能が搭載されており、日常生活でも活躍すること間違いなし。ぜひ体感してみてください。 この記事が皆様にとって、参考となっていれば幸いです。

2024年4月8日
【2024年最新】ルイヴィトンの人気歴代コラボ一挙ご紹介!

1854年フランス・パリにて創業したルイヴィトン。 近年、ルイヴィトンのコラボアイテムは話題性はもちろんのこと、デザイン性の高さや業界の垣根を超えた有名ブランド同士のコラボなどを実現させ世界的に注目されています。 この記事ではシュプリームやナイキなどのコラボが大きな反響を呼んだ、ルイヴィトンの歴代コラボや人気のアイテム、今後の予想など詳しくご紹介していきます。 1.ルイヴィトンのコラボアイテムの魅力 日本のみならず世界中から多くの支持を獲得しているルイヴィトン。ハイブランドと聞くとまず最初に思い浮かべる方も多いと思います。 ルイヴィトンは世界的に有名なブランドですが、「シュプリーム」「草間彌生」「ファイナルファンタジーXIII」などジャンルを超えたコラボを実現させていることも魅力の1つです。 この章ではルイヴィトンコラボの特徴や魅力についてご紹介していきます。 1-1.村上隆や草間彌生などの日本人デザイナーとのコラボ フランス発祥のルイヴィトンですが、意外にも日本人とコラボしていることが多いです。 有名なコラボといえば、日本人現代アーティストのトップと言われる「村上隆」や芸術家として活躍する「草間彌生」とのコラボアイテムではないでしょうか。 モノグラム柄を基調としたデザインにコラボならではの奇抜さや、迷彩や水玉模様など限定のデザインが加わることで多くの方に注目され話題となっています。 1-2.ルイヴィトン×シュプリームなど有名ブランドとの究極コラボ 近年、話題となったルイヴィトン×シュプリームをはじめ、ナイキやコム・デ・ギャルソンなどの有名ブランドと異色のコラボを展開し注目を集めています。 2つの有名ブランドがコラボすることで希少価値が高く、生産量も少ないことから店頭で購入することが困難なアイテムがほとんどと言われています。 購入できる可能性が極めて低く希少価値が高い点から、世界的有名ブランドであるルイヴィトンの凄まじい魅力が感じられます。 2.【年表形式】ルイヴィトンの歴代人気コラボ一覧! 最近コラボアイテムを知ったという方も多いと思いますが、ルイヴィトンの初コラボは約30年前に始まりました。 この章では歴代の人気コラボを詳しくご紹介していきたいと思います。 誰もが1度は聞いたことのある有名ブランドや日本人デザイナーなどが登場しますので、是非最後までご覧ください! 2-1.【1996年】セブンデザイナーズ 1996年ルイヴィトンのデザインとして最も有名な「モノグラム」の誕生100周年を記念してブランドとして初のコラボコレクションを発表。 セブンデザイナーズは以下の有名デザイナーが集まった総称です。 ・アイザック・ミズラヒ ・アズディン・アライア ・ヴィヴィアン・ウエストウッド ・シビラ ・ヘルムート・ラング ・マノロ・ブラニック ・ロメオ・ジリ 世界的に有名なデザイナー7名とコラボすることで今までにない斬新なデザインが当時話題を集めました。ファッションデザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッドは現在でも名前を耳にすることが多いのではないでしょうか? コラボアイテムは、傘が装着されたリュックやビニール製の透明なトートバッグなどコラボならではの特徴的なアイテムが数量限定で登場。現在では入手困難なレアアイテムとなっています。 2-2.【2001年】スティーブン・スプラウス アメリカ出身のファッションデザイナー兼アーティストとして活躍したスティーブン・スプラウス。50歳という若さで亡くなってしまいましたが、ルイヴィトンの2001SSのコレクションにて実現したコラボは大きな反響を呼びました。 ルイヴィトンの定番として知られるモノグラム柄に、落書きのようなPOPな文字が大胆な配色で描かれ、今までにないデザインが注目を集めました。「モノグラム・グラフィティ」と名づけられ、現在でも根強い人気を得ています。 2-3.【2003/2004/2008】村上隆 日本を代表する現代アーティストとして活躍する村上隆。 当時ルイヴィトンのディレクターを務めていたマーク・ジェイコブス氏が村上隆のファンでありオファーをかけた事がコラボのきっかけとなったようです。 コラボアイテムでは日本の「漫画」や「KAWAII」という文化を用いたデザインが反響を呼びました。 今では定番でもある「モノグラム・マルチカラー」の源とも言われている「アイ・ラブ・モノグラム」や「モノグラム・パンダ」「モノグラム・チェリーブロッサム」などブランドの中でも特徴的でカラフルなデザインが多いです。 2008年のコラボでは「モノグラモフラージュ」という迷彩柄とモノグラムをかけ合わせたデザインが多くの反響を呼びました。 2-4.【2008年】リチャード・プリンス 広告写真などの既存の写真を独自の世界観で再構成する手法で知られるリチャード・プリンス。 ルイヴィトンとのコラボアイテムはモノグラムのデザインをルイヴィトンとは思えないほど大きく変えた斬新さが話題となり、コラボならではの革新的なデザインが特徴的です。 「モノグラム・ジョークス」と呼ばれ大きな話題を集めました。 2-5.【2009年】カニエ・ウェスト ラッパー兼ファッションデザイナーとして活躍するカニエ・ウェスト。 2015年アディダスとタッグを組み、現在入手困難で大人気シューズである「イージー・ブースト」を発表しています。 ルイヴィトンとのコラボでは「ジャスパー」「ドンズ」「ミスター・ハドソン」の3つのスタイルのスニーカーを発売。 2009〜2010AWメンズコレクションではショーに自身が登場することで話題を集めました。 2-6.【2012年】草間彌生 日本人芸術家草間彌生とのコラボは、村上隆と同じようにルイヴィトンのディレクターを務めるマーク・ジェイコブスのオファーにより実現しました。 代名詞でもある水玉模様をあしらった「ヤヨイ・クサマ・コレクション」は「ウェーブ」「タウン」「パンプキンドット」の3つのラインが展開されました。 モノグラム柄×水玉模様の組み合わせはかわいらしさと上品さを兼ね備えることで、国内では入手困難になるほどの人気を集めました。 2-7.【2013年】ソフィア・コッポラ アメリカにて映画監督をはじめ、女優や脚本家、ファッションデザイナーなど多岐にわたり活躍するソフィア・コッポラ。 コラボアイテムではルイヴィトンの人気バッグとして知られる「キーポル」や「スピーディ」からインスピレーションを受けデザインされた「SC バッグ」が登場。一目見ただけではルイヴィトンとは思えないほどシンプルなデザインで使い勝手が良いことから多くの支持を集めました。 2-8.【2014年】クリスチャンルブタン 1992年フランス・パリにて創業し、レディースシューズブランドとして高い人気を誇るクリスチャンルブタン。 ルイヴィトンとのコラボでは「アイコノクラスト」と呼ばれるバッグが登場。モノグラム柄にルブタンのイメージカラーの赤とスタッズをあしらった特徴的でルブタンらしさのあるデザインです。 有名ブランドであるルブタンとルイヴィトンのコラボは話題性を生み、注目を集めました。 2-9.【2014年】シンディ・シャーマン アメリカにて写真家や映画監督として活躍するシンディーシャーマン。 自身を被写体としたセルフポートレート作品で知られ、元祖自撮り女王とも呼ばれています。 ルイヴィトンとのコラボアイテムはトランクやハンドバッグに写真を貼り付けたような写真家らしさ溢れる個性的なアイテムが登場しました。 2-10.【2014年】カール・ラガーフェルド ドイツ出身のファッションデザイナー、写真家として活躍するカール・ラガーフェルド。シャネルの「マトラッセ」やフェンディの「バゲット」といった人気アイテムを手掛けたことで知られています。 ルイヴィトンの創業160周年記念プロジェクトの一環として、コラボが実現。 コラボアイテムはボクシングをテーマとしており、モノグラム柄のサンドバッグやボクシンググローブなどを発表し話題を集めました。 2-11.【2014年】コム・デ・ギャルソン/川久保玲 1969年、日本で誕生し現在でも多くのファンを持つファッションブランドのコム・デ・ギャルソン。日本のファッション好きなら誰もが知っているブランドではないでしょうか。 黒を基調としたアイテムが多く、立体感のあるデザインなど独特な世界観を持つブランドです。 コラボアイテムではバッグに大きな穴のあいた奇抜なデザインがギャルソンファンを中心に人気を集め、入手困難なモデルとなりました。 2-12.【2016年】フラグメント・デザイン/藤原ヒロシ 原宿のカリスマとも称されストリートファッション界をリードしている藤原ヒロシが手掛けるフラグメント・デザイン。ルイヴィトンのみならずナイキやリーバイスなど様々なブランドとコラボを展開し注目を集めています。 現在ルイヴィトンで人気のラインとされる「モノグラム・エクリプス」のリリースと同時にフラグメント・デザインのロゴマークである稲妻のアイコンを用いた限定モデルを発売。プレミアがつき価格が高騰したことで話題となりました。 2-13.【2016年】ファイナルファンタジーXIII 2016SSコレクションにて発表された大人気ゲーム「ファイナルファンタジーXIII」との前代未聞のコラボ。ゲーム内のメインキャラクターである「ライトニング」がキャンペーンモデルとして起用されました。 コラボアイテムは登場していませんが、現実世界とバーチャル世界の融合を実現させたルイヴィトンは時代を先駆けるブランドといえるでしょう。。 2-14.【2017年】シュプリーム 1994年アメリカで創業したストリートファッションブランド「シュプリーム」 ナイキやノースフェイスなどともコラボしていますが、熱狂的なファンが多いことからどれも即完売してしまうほど人気なブランドです。 ルイヴィトンとのコラボではストリートブランドとハイブランドの異色の組み合わせが実現し大きな注目を浴びました。 発売当時、南青山にて期間限定でオープンしたお店には初日に約8000人が並び、現在ではプレミアがつき手が出せないほどの高値で取引され入手困難なアイテムとなっています。 2-15.【2017年】チャップマンブラザーズ イギリス・ロンドン出身の兄ディノスと弟ジェイクによる2人組ビジュアルアーティストとして活動している「チャップマンブラザーズ」 ある種グロテスクともいえる世界観を持ったデザインが特徴です。 コラボアイテムではキリンやライオン、ゾウなどを大胆に描いたインパクトの強いTシャツなどのアパレルやバッグを展開。動物を多用したデザインはルイヴィトンでは珍しいコレクションとなっています。 2-16.【2017年】ジェフ・クーンズ アメリカにて活動し、美術家として知られ動物をモチーフにしたステンレス製の彫刻を数多く手掛ける「ジェフ・クーンズ」 ルイヴィトンコラボでは新たなバッグとアクセサリーのラインとして「MASTERS」をデザイン。ネヴァーフルやキーポルといった人気のバッグに名画として有名なレオナルド・ダヴィンチの「モナリザ」やゴッホの「糸杉のある麦畑」が大胆にデザインされ注目を集めました。 2-17.【2018年】山本寛斎 日本のファッションデザイナーとして活躍した「山本寛斎」 2020年に亡くなってしまいましたが、ジャパニーズカルチャーを用いたデザインが国内のみならず海外でも人気を集めています。 2018年、ルイヴィトンでは日本の伝統をモチーフとしたコレクションが発表され山本寛斎とのコラボが実現。歌舞伎やダルマ、七福神が描かれた斬新なデザインが特徴でバッグや財布、キーケースなど豊富なラインナップで登場しました。 2-18.【2020年】NBA アメリカのプロバスケットリーグであるNBA(National Basketball Association)とのコラボ。 バスケとモノグラム柄を絶妙にマッチさせたデザインで、上品でありながらもスポーティーさ溢れるボストンバッグやハンドバッグ、ルイヴィトンの文字が入ったバスケットボールまで登場。ワンポイントで施されたNBAロゴも存在感があり、バスケファンのみならず数多くの支持を得ました。 2-19.【2021年】NIGO 裏原宿系ファッションを牽引し、現在もファッションデザイナーとして活躍するNIGO(二ゴー) HUMAN MADE(ヒューマンメイド)やA BATHING APE(アベイシングエイプ)などの有名ファッションブランドの創業者でもあります。 2020年のコラボではオリジナルデザインであるダッグがシンボルとして用いられました。モノグラムとダミエを組み合わせたデザインのNIGOコラボのバッグは特徴的で、個人的にも好みです。 2-20.【2022年】ナイキ スポーツブランドとして世界的知名度を誇り、日本でも馴染みの深い「ナイキ」 2022年人気モデルであるエアフォース1とルイヴィトンがコラボスニーカー全9種を公式オンラインストア限定で発売。全てのモデルが即完売し、現在の中古市場では定価の倍以上の金額で取引されています。 また、一般販売される約5か月前、ダミエとモノグラムを組み合わせた200足限定のエアフォース1はアメリカのオークションにて一足約4000万円で落札されたようです。 有名ブランドのコラボだとしても異次元の価格ですね... 2-21.【2023年】草間彌生 約10年ぶりに2回目のコラボを果たした「草間彌生」 2023年、コラボの一環としてルイヴィトン×草間彌生が東京の街をジャック。渋谷スクランブル交差点をはじめ、東京タワーや東京駅、芝公園など様々なところでインスタレーションが出現。SNSなどで写真をアップすることで多くの人の目に留まり、大注目されるコラボレーションとなりました。 コラボアイテムはカラフルな水玉模様や花のデザインの物が多くバッグや財布のみならず、ダウンジャケットやスニーカーなど幅広いラインナップで展開されています。 2-22.【2024年】タイラー・ザ・クリエイター 出典:ルイヴィトン アメリカにてラッパーやデザイナーとして多岐にわたり活躍する「タイラー・ザ・クリエイター」第62回グラミー賞では最優秀ラップアルバム賞を授与されるほど有名なアーティストです。 2024メンズスプリングコレクションにてコラボを発表。カラフルな刺繍が施されたデニムジャケットや手書き風のモノグラム柄のデザインなど、特徴的で遊び心溢れるアイテムが展開されています。 ここまで、歴代人気コラボをご紹介しましたが意外にも日本人がたくさん登場して驚いた方もいるのではないでしょうか? シュプリームやナイキなど数多くの異色コラボを実現させ注目を集めるルイヴィトン。今後のコラボにも期待していきたいとおもいます。 次の章では人気コラボアイテムについてご紹介していきます。 3.今では入手困難!?ルイヴィトンの人気コラボアイテム5選! コラボアイテムはデザインが特徴的で、店頭では即完売してしまうほど人気を得ている商品が多々あります。 この章では数多くの人気を集めているルイヴィトンのコラボアイテムをご紹介していきます。 3-1.ルイヴィトン×シュプリーム ボックスロゴTシャツ シュプリームのロゴといえば赤色のボックスロゴがまず思い浮かびます。アメリカのコラージュ作家バーバラ・クルーガーの作品が元ネタと噂されています。 元ネタと言われているデザイン↓ 定番アイテムですが根強い人気を誇り、ルイヴィトンとのコラボはモノグラムとシュプリームの文字が見事にマッチし、多くのファンから支持されました。 3-2.ルイヴィトン×ナイキ エアフォース1 Low 2022年にルイヴィトン公式サイト限定で全9種発売されたナイキとのコラボスニーカー。 ナイキサイズの3.5〜18(日本サイズ22.5〜36㎝)までありサイズ展開も豊富です。 エアフォースにルイヴィトンのモノグラムをあしらったコラボならではのデザインが特徴的。定価は341,000円、スニーカーとしては目を疑う価格ですが、即完売した人気コラボアイテムの1つです。 3-3.ルイヴィトン×村上隆 モノグラモフラージュ キーポルバンドリエール55 M95774 2008年、日本を代表する現代アーティスト村上隆とデザイナーマーク・ジェイコブスがタッグを組み、ルイヴィトンとコラボすることで誕生しました。迷彩のような柄は「モノグラモフラージュ」と名づけられ、コラボアイテムに用いられています。 キーポルバンドリエール55は小さいスーツケースよりも収納力が優れており2泊程度の旅行には丁度いいサイズで人気です。定価は241,500円ですが、現在の中古市場では200万円を超えるほどの高値で取引されています。コラボアイテムとしてのプレミア感が伝わってきますね... 3-4.ルイヴィトン×草間彌生 ポルトフォイユ・ブラザ M81932  ルイヴィトンと2度にわたるコラボを実現した芸術家の草間彌生とのコラボアイテムです。 モノグラム・エクリプスのクールなデザインに三色の水玉模様がアクセントとなり、シンプルながらも遊び心あるデザインが人気を集めています。 現在店頭やオンラインショップで購入することはできませんが、中古市場では新品の状態でも20万円以内で購入可能です。コラボアイテムの中では比較的購入しやすいアイテムです。 3-5.ルイヴィトン×川久保玲 バッグウィズホールズ MM M58661 日本三大メゾンの1つともいわれるコム・デ・ギャルソンとのコラボにより誕生したアイテムです。 ブラックのレザーにモノグラム柄をエンボス加工で施し、大きな穴のあいたデザインが特徴的なバッグです。内側には取り外し可能な布のポーチが付属されているので、穴から物が落ちる心配はなさそうですね… ルイヴィトンでは珍しい真っ黒で奇抜なバッグはコラボならではのデザインなので、人気を得たのではないでしょうか。 この章ではルイヴィトンの人気コラボアイテムについてご紹介させて頂きました。コラボアイテムは中古市場では定価以上で取引されていることが多いですが、気になる方は是非チェックしてみてください。 4.【2024年最新】今後のルイヴィトンのコラボ予定や噂 数々のコラボを展開してきたルイヴィトンですが、コラボアイテムなどの限定品は転売ヤ―が増えたことやシュプリームなどの有名ブランドとのコラボにより需要が増え、年々入手困難になっているといわれています。 この章では今後のコラボ予定や噂などについてご紹介していきます。 4-1.大人気アニメとのコラボ商品? 出典:ルイヴィトン ルイヴィトンのコラボ商品を見ていると大人気アニメ「鬼滅の刃」とコラボしたかのようなデザインのアイテムがあり、ネット上で話題となっていました。 確かにどこかで見たことがあるような色使いですが、残念ながらコラボアイテムではないようです。 このデザインは2024年2月に発表され、人気ラインのダミエをフレッシュかつカラフルに再解釈したデザインであると発表されています。 しかし、ダミエを発表したジョルジュ・ヴィトンは日本の市松模様から着想を得たと発言しているので、日本の大人気アニメが少なからずデザインの参考にされたのではないでしょうか。 4-2.シュプリームやナイキとの大人気コラボ復活の可能性?! 多くの支持を集め、中古市場では定価を遥かに上回る金額で取引されているシュプリームやナイキとのコラボアイテム。現状第2弾の発表はされていませんが、草間彌生とのコラボが10年越しに実現したので可能性は大いにあると考えられます。 時期は予想できませんが、反響の大きかったシュプリームやナイキとのコラボは再登場する可能性が高いのではないでしょうか。続報を楽しみに待ちましょう。 5.まとめ この記事ではルイヴィトンの歴代コラボについてご紹介させていただきました。 あらゆる業界の垣根を超えたコラボレーションを実現させ、ブランド業界を牽引し続けるルイヴィトン。年々入手困難になっているといわれておりますが、それだけ注目されるコラボを実現させている証拠ではないでしょうか。 近年では毎年のようにルイヴィトンはコラボアイテムを発表しているので今後の新作発表にも目が離せません!

2024年4月6日

人気のコラム

コラムカテゴリー

ブランド

タイトルとURLをコピーしました