ESTIME 最速買取・高額買取
ブランドショップ エステメ

2024年5月30日

カルティエ ダムールの魅力とは?歴史や選び方まで徹底解説!

愛する人との永遠の絆を象徴する結婚指輪。その中でも、フランスの高級宝飾店カルティエが手掛けるダムールは、その洗練されたデザインと深い歴史から、世界中の多くのカップルを魅了し続けています。しかし、いざ結婚指輪を選ぶとなるとデザインや素材、価格など、様々な要素を考慮する必要があり、迷ってしまうことも多いのではないでしょうか?

この記事では、カルティエダムールの歴史や選び方、おすすめのデザインなどを詳しく解説したいと思います。カルティエダムールについて何も知らない方でも、この記事を読めば、きっとあなたにぴったりのカルティエダムールを見つけることができるでしょう。カルティエダムールは、永遠の愛を誓うのにぴったりな特別なジュエリーです。この記事を読んで、あなたにとって最高の結婚指輪を見つけてくださいね。

目次

1.カルティエ ダムールが選ばれる理由と魅力

カルティエ ダムールはその美しさやエレガンスだけでなく、身に着ける人の心に響く魅力があります。しかし、なぜカルティエ ダムールがこれほどまでに支持されるのでしょうか?

1-1.永遠の愛を象徴するシンプルなデザイン

カルティエ ダムールは、その名の通り「愛のカルティエ」として知られ、永遠の愛を象徴するジュエリーコレクションです。カルティエの歴史あるブランド力と上質な素材へのこだわりが、ダムールコレクションの信頼性と価値を高めています。最大の魅力は、そのシンプルでありながらも洗練されたデザインです。高級宝飾ブランドならではのエレガントなデザインが光り、身に着ける人の手元を美しく見せてくれます。このシンプルなデザインは、婚約指輪との重ね付けを楽しむことができ、その組み合わせは相性抜群です。このコレクションは、クラシックな美しさと現代的なエレガンスを兼ね備えており、どんな装いにも合わせやすいのが魅力です。また、カルティエ ダムールは、単なる装飾品を超え、身に着ける人の個性や物語を映し出すアイテムとして、特別な瞬間に選ばれることが多いです。

1-2.幅広いラインナップ

カルティエ ダムールのラインナップは多岐にわたり、さまざまなデザインや素材が用意されています。プラチナや18Kゴールドを使用し、ダイヤモンドをあしらったものから、よりシンプルなものまで、個々の好みや予算に合わせて選ぶことができます。また、結婚指輪以外にも、ブレスレット、ネックレス、イヤリングなどさまざまなアイテムが揃っています。

1-3.170年以上の歴史を持つジュエリーブランド

カルティエは世界で「5大ジュエラー」の一つに数えられるほど知名度が高い、歴史ある高級宝飾ブランドです。確かな品質と技術は世界的に評価が高く、ヨーロッパを中心とした世界各国で王室御用達に認定されてきたほど。結婚を考えているカップルの中には、二人の愛のシンボルとなる大切な指輪を選ぶ上で、カルティエに憧れを抱いている人が少なくありません。

また、ハイジュエリーブランドであるカルティエは、その信頼性も選ばれる理由の一つです。結婚指輪は数十年という長い期間にわたり身に着けるもの。だからこそ、大切な指輪をいつまでも美しい状態に保つには、長い目で見てブランドを決めることが大切です。カルティエ ダムールは、その美しさ、歴史、そしてブランドの信頼性から、あらゆる世代の女性に選ばれています。

これらの要素が組み合わさって、カルティエ ダムールが人気を博している理由となっています。

1-4.厳しい品質管理と高度な技術

ダムールコレクションの魅力は、その品質管理と高度な技術にあります。最高級の素材と高度な技術力を持つ職人たちが、一つ一つの製品を丁寧に作り上げているため、見る人の心に深く響く感動的な美しさを持っています。カルティエは、製品の品質を保証するために厳格な品質管理を行っているのです。また、ダムールネックレスは「クローズドセッティング」と呼ばれる技術を用いています。これは、ダイヤモンドの周囲を地金で囲むことで、ダイヤモンドが大きく見え、より輝きを引き立てるというものです。このような細部にまでこだわった作りが、ダムールコレクションの高品質を支えています。

2.ディアマンレジェからダムールへ:コレクションの進化

ディアマンレジェからダムールへと進化を遂げたこのコレクションは、どのように誕生し、どのように進化を遂げてきたのでしょうか?

2-1.ディアマンレジェの歴史とダムールへの移行

カルティエのジュエリーコレクションには、長い歴史と美しい進化があります。ディアマンレジェコレクションは、2022年までその名で親しまれ、カルティエを代表するコレクションの一つとして知られていました。このコレクションは、その後ダムールとしてリブランディングされ、新たな魅力を放つようになりました。ダムールはフランス語で「愛」を意味し、このコレクションの各ピースは、愛の強さ、美しさ、そして永遠性を象徴しています。

ディアマンレジェからダムールへの移行は、カルティエの進化と成長を象徴しています。その一粒のダイヤモンドが放つ輝きは、カルティエが追求する美と品質、そして「永遠の愛」を表現しています。これらのコレクションは、カルティエの歴史と伝統を引き継ぎつつ、新たな価値と魅力を提供し続けています。

2-2.ディアマンレジェとダムールの比較

ディアマンレジェはフランス語で「軽いダイヤモンド」という意味です。このコレクションの特徴は、シンプルながらも中心にある一粒のダイヤモンドが際立つデザイン。日常使いから特別な日まで幅広いシーンで活躍します。

また、チェーンは「カットアズキ」という独特のデザインで細かなカットが施されており、光を受けてキラキラと輝きます。結婚指輪のダムールは、その名の通り愛を象徴するデザインが多く、シンプルながらもエレガントな印象を与えます。ダイヤモンドはクローズドセッティング、または覆輪留めと呼ばれる方法でセットされており、石の周りを地金で囲むことで、ダイヤモンドが一回り大きく見える効果があります。

これにより、小さなダイヤモンドでも十分な華やかさを演出することができるのです。ダムールコレクションは、シンプルながらも存在感のあるデザインで、特に結婚指輪において高い人気を誇ります。

ディアマンレジェからダムールへの変更は、単なる名前の変更ではなく、ブランドの進化とともにコレクションの意味合いも深まったと言えるでしょう。結婚指輪を選ぶ際には、そのデザインや意味合いにも注目して選ぶと良いでしょう。

3.カルティエ ダムールコレクションの詳細

一生に一度の大切な瞬間だからこそ、後悔のないジュエリー選びをしたいものですよね。ここでは、カルティエ ダムールコレクションを見ていきましょう。

3-1.ダムール ウェディング リング ピンクゴールド

このリングは、ピンクゴールド製で、その色合いはモダンでありながらも暖かみがあります。ピンクゴールドとは金に銅を加えて作られる合金で、その色合いがピンク色に見えることからこの名前がついています。リングには、クローズド セッティングのダイヤモンドが取り巻く小さなパヴェ ダイヤモンドが施されており、その輝きが一層強調されています。クローズド セッティングとは、ダイヤモンドを金属で完全に囲むようにセットする方法のことを指します。

また、パヴェ ダイヤモンドとは、小さなダイヤモンドを密集させてセットする技法のことを指します。このリングは、永遠の愛を象徴する美しいアイテムで、そのデザインと品質は、一生を共にするパートナーへの深い愛情を表現するのにふさわしいものと言えるでしょう。

3-2.ダムール ウェディング リング プラチナ

このリングは、1938年のデザインを現代的に再解釈したもので、純粋な愛の表現として知られています。プラチナ製のリングは、その輝きを強める小さなパヴェダイヤモンドに囲まれた、クローズドセッティングのダイヤモンドが特徴です。プラチナは、白金とも呼ばれ、その耐久性と色あせない美しさで高く評価されています。

また、プラチナ950/1000で作られ、ブリリアントカットのダイヤモンド56個がセットされており、合計0.15カラットになります。リングの幅は2.3mmで、サイズは52が基準ですが、注文に応じて異なるサイズが提供されます。

3-3.ダムール ウェディング リング ピンクゴールド、ダイヤモンド

ピンクゴールドとダイヤモンドを組み合わせた、エレガントで洗練されたデザインが特徴です。このリングは、ピンクゴールド750/1000を使用し、ブリリアントカットのダイヤモンド56個(計0.15ct)がセットされています。

ブリリアントカットにより、ダイヤモンドは光を最大限に反射し、美しい輝きを放ちます。シンプルながらも、さりげないデザインがあり上品な雰囲気を醸し出しているということもあり、女性だけでなく、男性からも支持されている結婚指輪です。

3-4.ダムール ウェディング リング プラチナ、ダイヤモンド

このリングは、プラチナ950/1000のリングにブリリアントカットのダイヤモンド56個(計0.15ct)がセットされています。シンプルかつリング幅が種類豊富なため、男性からの支持も得ています。カルティエの伝統的なクラフトマンシップと革新的なデザインが融合した、まさに特別な日のための逸品です。結婚指輪として、または大切な記念日の贈り物として、長く愛されること間違いなしのアイテムです。

3-5.ネックレス

ダムールネックレスは、プラチナや18Kゴールドといった貴重な素材を使用し、厳選されたダイヤモンドをあしらっています。カルティエの職人技によって生み出されたこのネックレスは、見る人の心に響く美しさを持っています。特に20代後半から40代の女性に人気があり、自己表現としてのアクセサリー選びにおいて独自性と品質を重視する傾向があります。贈り物としても価値が高く、結婚記念日や誕生日などの大切な節目に選ばれることが多いです。また、投資としての魅力もあり、時を経ても価値が薄れることなく、贈られた側の資産となり得ます。永遠の愛を象徴するアイテムとして、長く愛され続けています。

3-6.ブレスレット

ブレスレットは、ピンクゴールド750/1000で作られ、中央にはブリリアントカットのダイヤモンドが1つセットされています。このダイヤモンドは約0.09カラットで、モチーフの直径は4.5mm、厚さは1.9mmとなっており、165mmから185mmの長さで調整可能です。デザインは、クローズドセッティングと呼ばれる技法でダイヤモンドを固定しています。

また、ダイヤモンドの周りには小さなパヴェダイヤモンドがセットされており、中央の石の輝きを一層引き立てています。シンプルでありながら、カルティエ特有のエレガンスを感じさせるアイテムです。また、初回購入時には無料でサイズ調整サービスが提供されるため、自分にぴったりのフィット感を得ることができます。さらに、長く愛用できる品質とデザインを兼ね備えているため、一生物としても特別なプレゼントとしても最適です。

このブレスレットは、単体での着用はもちろん、他のジュエリーとの重ね付けにも適しており、様々なスタイルに合わせやすいです。

3-7.ピアス

ダムールコレクションのピアスは、一粒のダイヤモンドをゴールドまたはホワイトゴールドで囲んだデザインが特徴。XS、SM、ミディアムモデルの3種類のサイズ展開があり、それぞれのサイズにはダイヤモンドのカラット数と直径、厚さが異なります。

色はホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドの3種類があります。その洗練されたデザインと存在感から、多くの人々に愛されています。ダイヤモンド自体は小さいですが、その周りをゴールドで囲むことで、存在感が増しています。

また、カルティエのピアスはプッシュ式で、ピアスポスト(ピアス本体の棒状の部分)が普通のピアスよりも少し太いため、耳にしっかりと固定されます。これにより、ピアスの紛失を防ぐことができます。もしピアスポストの太さが気になる場合は、カルティエの店舗で細いものに交換してもらうことができます。

4.カルティエ ダムールの選び方のポイント

ここでは、カルティエ ダムールの選び方について紹介したいと思います。具体的な情報を知ることで自信を持って選択できるようになるでしょう。

4-1.自分の指の形や好みに合ったデザインを選ぶ

ダムールシリーズは、リングの幅が選べるので、自身の手の長さや指の太さに合わせたリングを選べるという部分も嬉しいポイントです。また、プラチナとピンクゴールドの2種類があります。プラチナは耐久性があり、ダイヤモンドの白い輝きを最も美しく引き出してくれる素材と言われています。一方、ピンクゴールドは肌をキレイに見せてくれる効果が期待でき、可愛らしい色味が魅力的です。さらに、ダイヤモンドが施されているリングもあります。リングの周り全てにダイヤが埋め込まれているため、どの角度からもダイヤが見えるようになっています。

選び方のポイントですが、自分のライフスタイルや好みを考慮することが重要です。例えば、日常的に使うことや、婚約指輪との重ね付けも考慮し、最もシンプルなウェディングリングを選ぶことも一つの方法です。また、購入する際には、プラチナ以外にどのような金属がどの程度含まれているのかを確認することも大切です。自分の指の形や好みに合ったデザインを選ぶことで、一生大切にしたい結婚指輪を見つけることができるでしょう。

4-2.パートナーとのペアリングを意識して選ぶ

結婚指輪は二人の絆を象徴するものです。ペアリングとして統一感のあるデザインを選ぶことで、より一層の絆を感じることができます。カルティエ ダムールは、男女で揃えやすいシンプルで上品なデザインが特徴です。同じデザインでも、男性用と女性用で幅やダイヤモンドの有無を変えることができるため、それぞれの好みに合わせて選べます。ダムールリングは、そんな二人の愛の証として、最適な選択肢の一つです。

5.カルティエ ダムールのスタイリング

カルティエ ダムールを購入したものの、どう合わせたら一番美しく見えるのか、他のアクセサリーとのバランスはどう取ればいいのか、迷ってしまうことはありませんか?せっかく手に入れた素晴らしいジュエリーをもっと上手に使いこなしたいと思うのは当然ですよね。ここからはスタイリングのポイントを見ていきましょう。

5-1.ドレスやアクセサリーとの合わせ方

ダムールのシンプルな美しさを活かすために、ドレスはエレガントで洗練されたデザインを選ぶことをお勧めします。アクセサリーは、リングと同じ素材のものを選ぶと統一感が出て、より洗練された印象になります。

例えば、ピンクゴールドのリングならば、ピンクゴールドのイヤリングやネックレスを合わせると良いでしょう。また、ダムールの結婚指輪はプラチナとピンクゴールドの2種類があります。プラチナはその耐久性と、ダイヤモンドの白い輝きを最も美しく引き立てる素材として知られています。一方、ピンクゴールドはその可愛らしい色味が魅力的で、肌をキレイに見せてくれる効果があります。これらの色味をドレスや他のアクセサリーと合わせる際には、自分の肌の色や好みを考慮すると良いでしょう。

5-2.ソリティアとの重ね付け

ソリティアリングとは、一粒のダイヤモンドを中心にしたデザインのことで、単体でも美しいですが、ダムールリングと組み合わせることで、より華やかな印象になります。重ね付けする際は、リングの幅やデザインのバランスを考えることが大切です。細めのリングを選ぶと繊細な印象になりますし、幅広のリングを選ぶとより存在感のあるスタイルになります。

また、ダイヤモンドの有無も重要なポイントです。ダイヤモンドがあると、光の反射で指元が明るく見え、特別な日の装いにもぴったりです。ダムールリングは、そのシンプルさから多くの人に愛されており、重ね付けによって個性を表現することができます。結婚指輪としてだけでなく、日常的にも楽しむことができるので、長く愛用することができるでしょう。

5-3.ダイヤ付きダムールとの重ね付け

ダイヤモンドをあしらったダムールリングは、その繊細な輝きで指先を華やかに彩ります。リングの幅やダイヤモンドの数によって価格が異なり、自分のスタイルや予算に合わせて選ぶことが可能です。重ね付けスタイルは、結婚指輪と婚約指輪を一緒に着けることで、より豊かな表情を楽しむことができます。

ダムールのシンプルなデザインは、他のリングとも調和しやすく、日常的にも特別な日にも身に着けることができる汎用性の高さが魅力です。結婚指輪は一生に一度の大切な選択。カルティエのダムールは、その特別な日の記憶と共に、日々の生活の中で永遠の愛を象徴するアイテムとなるでしょう。

6.カルティエのアフターサービス

カルティエのジュエリーは高価な買い物です。だからこそ、購入後のメンテナンスや修理がどのように行われるのか、しっかりと知っておくことが大切です。

6-1.サイズ直し

サイズ直しとは、指輪の外観を損なうことなくサイズを大きくしたり小さくしたりすることです。試着の際はぴったりと思っても、実際に身に着けてから後日サイズ直ししたいということも指輪の購入にはよくあることですよね。

また、長い間に体型が変わってサイズ直しをしたいなんてこともあります。サイズ直しにかかる日数は、サイズ直しをする指輪のデザインによって異なりますが、おおよそ3週間~1か月が目安です。カルティエでは、購入後3か月以内であればサイズ直しの料金は無料ですが、3か月を過ぎた場合は料金が発生するため、注意が必要です。

6-2.クリーニング

カルティエでは、アフターサービスの一環として、クリーニングサービスを提供しています。このサービスは、ジュエリーの輝きを保つために非常に重要です。カルティエのクリーニングサービスには、無料と有料の2種類があります。

【超音波洗浄/艶出し】

これは無料のサービスで、店頭で即日完了します。皮脂や汚れを落とすために、数ヶ月に1回の定期的なクリーニングが推奨されています。

【ポリッシング】

これは有料のサービスで、指輪の表面を磨く作業を行います。このサービスは、指輪を預けてから手元に戻るまで2週間〜3週間かかることがあります。

また、カルティエでは、自分でジュエリーをクリーニングする方法も提供しています。石鹸水と柔らかいブラシを使用して汚れを落とし、その後、きれいな水で洗い流すことが推奨されています。

6-3.修理

修理サービスは、変形や石の破損があった場合に有料で利用でき、石の交換が必要な場合は追加料金が発生します。カルティエのアフターサービスは、オンラインまたはブティックで依頼できます。カルティエのジュエリーの専門家が、卓越した技術を用いて製品を修理、またはメンテナンスを行います。さらに、カルティエでは、ブティックに来店することなく、製品を直接修理工房に送ることができるサービスを提供しています。このサービスを利用する場合は、「修理キット依頼」から申し込むことができます。カルティエの製品を長く愛用するためにも、これらのアフターサービスを適切に利用しましょう。

7.カルティエ ダムールと他ブランドとの比較

カルティエ ダムールの魅力はもちろん、他のブランドもそれぞれ独自の魅力と価値があります。これを知らないまま選んでしまうと、後で「もっと自分に合ったものがあったのではないか」と後悔するかもしれません。ここからは他のブランドについても見ていきましょう。

7-1.ティファニー

ティファニーは1837年にニューヨークで創業しました。当初は文房具店として始まり、その後、フランスの2月革命をきっかけに宝石の販売を始め、アメリカを代表する宝石商として確立しました。その後もティファニーは進化を続け、2023年にはニューヨーク本店「The Landmark」をオープンしました。ここでは、初公開の傑作や、眩いきらめきを放つダイヤモンド、美しいジェムストーン、世界で最も傑出したアーティストによるカスタムデザインの数々が陳列されています。ティファニーの結婚指輪は、その美しさと品質で世界中から愛されています。

特に、ティファニーのダイヤモンドは、小さなものから最大級のものまで、すべて厳格な品質基準に基づき細心の注意を払って作り上げられています。その中でも特に人気があるのが、「ハーモニー ウエディングバンドリング」や「アトラス リング」、「クラシック ウエディング バンドリング」などです。これらのリングは、それぞれ独特のデザインが施されており、ティファニーの洗練された美しさを象徴しています。

ティファニーはその長い歴史と高品質なジュエリーで、世界中の人々から愛され続けています。その美しい結婚指輪は、一生の思い出を刻む特別なアイテムとして、多くのカップルに選ばれています。

7-2.ブルガリ

ブルガリは、1884年にイタリアのローマで創業された世界的に有名なジュエリーブランドです。創業者はソティリオ・ブルガリという名の銀細工職人で、彼の才能と起業家精神がブルガリの成功の礎を築きました。

ブルガリは、その独自のデザインと高品質な製品で知られ、世界5大ジュエラーの一つとして認識されています。ブルガリの歴史は、多くの革新的な製品と共に進化してきました。1940年代には、ヘビをモチーフとした「セルペンティ」が誕生しました。このデザインは、「永遠」「生命」「英知」を象徴しており、その特徴的な形状は多くの女性たちから愛されています。

また、1977年には、「ブルガリ・ブルガリ」という名の腕時計が発表され、その大胆なブランド名の刻印が特徴となっています。ブルガリの結婚指輪は、シンプルかつエレガントなデザインが魅力で、その中でも「マリー・ミー」や「フェディ」、「コロナ」などのコレクションが特に人気があります。これらのリングは、ブルガリの象徴的なデザインと最高級のダイヤモンドを組み合わせたもので、その美しさは一見の価値があります。

ブルガリの結婚指輪は、その美しさと高品質な素材が特徴的で、一生の思い出を刻む特別なアイテムとして最適です。

7-3.ヴァン クリーフ&アーペル

ヴァン クリーフ&アーペルは、愛と美の象徴として知られる高級ジュエリーブランドです。このブランドの始まりは、宝石商の娘エステル・アーペルとダイヤモンド商の息子アルフレッド・ヴァン クリーフの結婚に遡ります。

二人は1895年に結婚し、その後1906年にパリのヴァンドーム広場に最初のブティックを開設しました。この地は洗練された文化の象徴とされており、彼らの店はすぐに高い評価を受けるようになりました。ヴァン クリーフ&アーペルは、その独特なデザインと卓越した技術力で知られています。特に「ミステリーセッティング」という技法は、宝石を留める金属の爪が見えないようにすることで、宝石本来の美しさを際立たせるものです。この技法は1933年に特許を取得し、ジュエリー業界に革命をもたらしました。ヴァン クリーフ&アーペルの結婚指輪は、エレガントで詩的なデザインを特徴としています。

マリッジリングは2つの魂を結びつける愛を象徴し、ゴールドやダイヤモンドの輝きを添えています。これらのリングは単体で着用することも、エンゲージメントリングと組み合わせることもでき、多くの組み合わせが提供されています。

7-4.ハリーウィンストン

ハリー・ウィンストンは、ジュエリーの世界においてその名を知らぬ者はいないほどの高名なブランドです。1896年にニューヨークで誕生したハリー・ウィンストンは、若い頃から父が経営する宝石店で働き、宝石への深い理解と情熱を育みました。12歳の時には、質屋で見つけたエメラルドをわずか25セントで購入し、800ドルで売却するという逸話で知られています。

このエピソードは、彼の宝石に対する鋭い目とビジネスセンスを象徴しています。1920年代には、ハリー・ウィンストンは自身の会社「プレミア・ダイヤモンド社」を設立し、宝石業界における彼の地位を確立しました。1932年には、彼の名を冠したジュエリーブランド「ハリー・ウィンストン社」をニューヨークに開業。以降、彼のブランドは数々の有名な宝石を取り扱い、世界中の王族やセレブリティから愛されるようになりました。

ハリー・ウィンストンの結婚指輪は、その卓越したクラフツマンシップと美しいデザインで、多くの人々に選ばれています。特にダイヤモンドの品質にこだわり、最高級のダイヤモンドを使用したエンゲージメントリングやウェディングバンドを提供しています。これらのリングは、一生に一度の愛の誓いを象徴するアイテムとして、多くのカップルにとって特別な意味を持っています。ハリー・ウィンストンのジュエリーは、ハリウッドのレッドカーペットや世界的なイベントで見ることができ、その輝きは多くの人々を魅了し続けています。

また、日本でも多くの芸能人がハリーウィンストンの婚約指輪を選んでいることで知られており、世界5大ジュエラーの一つとしてその地位を確立しています。結婚指輪を選ぶ際には、そのデザインや品質、そして何よりもその指輪が持つストーリーに価値を見出すことが大切です。ハリー・ウィンストンのリングは、永遠の愛を誓う二人のための完璧な選択と言えるでしょう。あなたがどのブランドを選ぶかは、あなた自身のスタイルや価値観を反映する大切な決断となるでしょう。

8.カルティエ ダムールで永遠の愛を誓おう!(まとめ)

カルティエ ダムールは、その美しさとエレガンス、そして「愛のカルティエ」としての象徴性から多くの人々に支持されています。そのシンプルで洗練されたデザイン、幅広いラインナップ、170年以上の歴史を持つブランド力、そして厳しい品質管理と高度な技術が、ダムールコレクションの信頼性と価値を高めています。また、ディアマンレジェからダムールへのブランドの進化と成長も見逃せません。これらの要素が組み合わさって、カルティエ ダムールが人気を博している理由となっています。しかし、他のブランドもそれぞれ独自の魅力と価値があります。そのため、ジュエリー選びにおいては、自分の好みやライフスタイルを考慮し、さまざまなブランドを比較検討することが重要です。そして、一生に一度の大切な選択である結婚指輪を選ぶ際には、そのデザインや意味合いにも注目して選んでみてくださいね。

かんたん30
お手軽査定

手数料0

査定料、キャンセル料、買取手数料等

やさしい相場説明

売るのが初めての方でもご安心ください

店舗が近くにないお客様のために 宅配買取をご用意!

宅配キットを無料で申込む

人気のコラム

コラムカテゴリー

ブランド

タイトルとURLをコピーしました