ESTIME 最速買取・高額買取
ブランドショップ エステメ

2024年7月10日

エルメスのヴァルパライソとは?廃盤になっても需要が高い理由に迫る

世界三大ブランドのひとつであるエルメスは、1837年の創業以来、高い品質と技術で世界中の人々を虜にしてきました。中でもバッグの需要は高く、人気アイテムは入手困難なことで知られています。今回は、これまでエルメスが販売してきたバッグの中から、現在は廃盤品となっているヴァルパライソを取り上げます。

2006年に登場したヴァルパライソは、レザー素材とキャンバス素材の2種類が取り入れられたバッグであり、カジュアルにもフォーマルにも使用できるのが特徴です。現在は廃盤となっているものの、その人気は衰えることを知りません。また、中古市場では安定した価格を維持しており、注目度の高いバッグとなっています。

本記事では、このヴァルパライソの魅力を徹底解説しています。その使い勝手やサイズ展開、人気カラー、さらには中古市場での買取相場や販売価格まで、詳しく説明しています。そのため、人と被らないエルメスのバッグを探している方や、廃盤品に興味のある方、お手頃価格のアイテムを探している方などに有益な情報源となるはずです。

1 ヴァルパライソとは

ヴァルパライソは、2006年に発表されたトートバッグです。エルメスの現行品のガーデンパーティから着想を得たアイテムとして知られています。ここでは、ヴァルパライソの意味や刻印について解説します。

1-1 ヴァルパライソの意味は?

ヴァルパライソは、チリ中部にある都市の名前から命名されました。チリのヴァルパライソは観光地として有名で、海港都市の歴史的な街並みは、UNESCOの世界遺産に登録されています。日本語に訳すと「天国の谷」を意味し、バッグには自由で開放的な雰囲気が表現されています。

1-2 ヴァルパライソは廃盤品

ヴァルパライソは2006年に発表されて以来高い人気を誇っていましたが、現在では廃盤となっています。廃盤となったのはいつなのか、明らかになっていません。現在、ヴァルパライソを入手するにはエルメスの店舗ではなく、中古市場を利用する必要があります。

1-3 ヴァルパライソの刻印はどこにある?

ヴァルパライソは廃盤品であり中古市場で購入するしかないため、偽物と本物を見分けることは重要です。偽物と本物を見分ける方法のひとつに、刻印を確認することが挙げられます。

ヴァルパライソの刻印の場所は、フラップのレザーとキャンバスの境目にあるレザー部分です。しかし、製造年によっては刻印がなく、タグのみのヴァルパライソも存在します。

2 ヴァルパライソの特徴とは?

ヴァルパライソは、キャンバス素材とレザー素材の2種類を使用しているのが、最大の特徴と言えます。コットン素材のカジュアルさと、レザー素材の高級感が融合したアイテムであり、2種類の素材の良さを感じられるバッグなのです。また、レザーフラップで開閉することもポイントです。

2-1 2種類の素材を使用

ヴァルパライソの最大の特徴は、2種類の素材を使用していることです。ボディ部分にはキャンバス素材、フラップ部分やハンドルには上質なレザー素材が採用されています。

ボディ部分のキャンバス素材は、「トワルシェプロン」という縫製方法が使われており、コットンで成り立っています。トワルシェプロンは、2つの糸で構成されているのが特徴です。ひとつの糸は染色されたもの、もうひとつの糸は自然のものです。

トワルシェプロンは、エルメスのキャンバス素材のバッグに多く採用されている縫製方法であり、柔軟性と耐久性に優れているといった特性を持っています。

2-2 防犯性に優れている

ヴァルパライソは、レザー素材のフラップとハンドルを使った独特の開閉方式を採用しています。2本あるハンドルのうち1本を、フラップに設けられた穴に差し込んでフラップをおろすことで閉じられます。

このデザインにより、フラップを閉じた状態ではバッグの中身を外から見ることができず、また簡単に中の物を取り出すことも困難になります。そのため、防犯面で高い安心感を得られるのです。

3 ヴァルパライソの使い勝手は?

ヴァルパライソは、フラップを使って開閉する独特な構造のため、使い勝手が気になる方も多いのではないでしょうか。しかし、実際に使ってみると、その独特なデザインが優れた機能性を生み出していることが分かります。ここからは、ヴァルパライソの使い勝手の良さがわかるポイントを紹介していきます。

3-1 開口部が広いため荷物を出し入れしやすい

ヴァルパライソのフラップを開けると、バッグの内側には複雑な仕掛けはなく、スナップボタンが取りつけられているのみです。このシンプルな構造により、ワンステップで荷物の出し入れが可能です。

また、開口部が広く取られているため、どこにどの荷物が入っているのか、一目で分かりやすいのも利点です。さらに、フラップが防犯性を高めているため、開口部が広くても安心して使用できます。このように、ヴァルパライソは開放的な内部構造と高いセキュリティを両立させた、使い勝手の良いデザインとなっています。

3-2 荷物の量に合わせて側面のスナップボタンで調節できて便利

ヴァルパライソの両側面には、スナップボタンが設置されています。よって、荷物の量が多くなればスナップボタンを外して、バッグの容量を増やすことができます。逆に、荷物が少ない場合はスナップボタンを留めて、スタイリッシュなフォルムで使用できるのです。

荷物の量によってフォルムを変化させられる、スナップボタンを備えているヴァルパライソは使い勝手が良いと言えます。

3-3 フラップを折りこんでも使える

ヴァルパライソはフラップがついているのが特徴のひとつですが、フラップを内側に折り込んで、ガーデンパーティのようなフラップのないトートバッグとして利用することも可能です。フラップをおろさないと開閉できないといった構造ではないため、気軽に変化させられることは魅力的で、使い勝手の良さにも繋がります。たまに気分を変えたいときに、フラップを折りこんで使ってみてもよいかもしれません。

4 ヴァルパライソの魅力とは?

ヴァルパライソは、その特徴的なフォルムと優れた機能性で多くのファンを魅了してきました。しかし、このバッグの魅力はそれだけにとどまりません。実際に使ってみると、さらに多くの魅力に気づくはずです。

ここでは、ヴァルパライソの魅力を4つの主要な側面から詳しく解説します。

4-1 軽量で丈夫なため幅広く活躍してくれる

ヴァルパライソの大きな魅力は、その軽量性と耐久性です。キャンバス素材とレザーを組み合わせた構造により、バッグ自体の重量を抑えつつ、高い耐久性を実現しています。

また、日常使いからビジネスシーンまで幅広く活躍してくれることも魅力です。ヴァルパライソのボディ部分に採用されているキャンバス素材は、レザー素材のバッグに比べて軽量で、傷がつきにくく水分に強いという特性があります。よって、日常使いに最適なバッグと言えます。

それに加え、フラップやハンドル部分がレザー素材のため、ビジネスシーンで愛用しても浮くことはありません。バッグの容量も十分なため、ビジネスシーンに必要な書類やパソコンなどを持ち運ぶことも可能です。

このようにヴァルパライソは、活躍シーンの幅が広いことに加え、軽量で持ち運びやすいにもかかわらず、高い耐久性を持っている魅力あふれるバッグなのです。

4-2 内ポケットがありポーチも付属している

ヴァルパライソの内装は非常にシンプルな作りとなっており、仕切りが設けられていません。しかし、バッグの内装には内ポケットが設置されているため、わかりやすく収納できるようになっています。たとえば、リップグロスのような小物はバッグの中を移動しやすいため、内ポケットを利用すると便利です。

また、ファスナー付きのポーチも付属品に含まれています。このポーチはバッグ内部に設置されている金具で取り外しできるようになっています。よって、バッグに収納している際はすぐに見つけることができ、金具から外して単体でポーチとしても愛用できるため便利です。

ヴァルパライソはシンプルな内装ながらも、内ポケットとポーチを備えている、機能性に優れた魅力的なバッグです。

4-3 容量が大きいため多くの荷物を入れられる

ヴァルパライソの魅力は、容量の大きさにもあります。ヴァルパライソのサイズ展開は4種類ありますが、一番小さいサイズのものでも、日常に必要な荷物が十分に入る容量を備えています。さらに、一番大きいサイズのヴァルパライソは、1泊2日の旅行にも十分に耐えられる容量があるのです。

また、ヴァルパライソのボディ部分は、トワルシェプロンという縫製方法を用いたキャンバス素材です。キャンバス素材は耐久性が高いため、多くの容量はもちろん、重量にも対応してくれるのが魅力です。

4-4 経年変化を楽しめる

エルメスのレザー素材は、経年変化を味わえることが魅力です。使うたびにレザーが馴染んでいったり、色合いに深みが出るのを感じられたりします。このような経年変化はレザーだけでなく、キャンバス素材でも感じられます。

トワルシェプロンで織られた2種類の糸は、経年によってやわらかくなり、身体に馴染むような質感に変化していきます。ヴァルパライソは、レザー素材に加えてキャンバス素材の経年変化を楽しめるバッグなのです。

5 ヴァルパライソのサイズ展開

バルパライソのサイズ展開は4種類です。それぞれのサイズの特徴と適した使用シーンについて、詳しく見ていきましょう。

5-1 ヴァルパライソPM

ヴァルパライソPMのサイズは、およそ縦30×横22×マチ14cmです。日常使いに最適なサイズとなっており、財布やスマートフォン、化粧ポーチ、キーケースなどの日常に必要とする荷物はすべて収納可能です。ちょっとしたお出かけや、買い物する際に活躍してくれる大きさとなっています。

5-2 ヴァルパライソMM

ヴァルパライソMMのサイズは、およそ縦29×横41×マチ18cmです。日常に必要とする荷物に加えて、ノートパソコンやA4サイズの書類も収納できます。よって、ビジネスシーンや学生かばんとしても活躍します。また、おむつや着替えなどを収納できる容量を有しているため、マザーズバッグとして使用するのもおすすめです。

ヴァルパライソMMは横幅が41cmと幅広く、大きなサイズの荷物も出し入れしやすいため、使いやすさを実感することでしょう。

5-3 ヴァルパライソGM

ヴァルパライソGMのサイズは、およそ縦50×横38×マチ24cmです。ヴァルパライソの中で一番大きなサイズとなっており、女性が持つとバッグの存在感を大きく感じます。男性からの需要も高いサイズで、共有して使う人もいます。

容量は申し分なく、1泊2日の旅行や遠出の出張などに対応してくれます。もともと制作数が少ないため、中古市場で見つけるのは少し苦労するかもしれません。

5-4 ヴァルパライソロング

ヴァルパライソには、横長のフォルムが特徴のロングタイプも存在します。ロングタイプは2種類のサイズが展開されています。まず、ロングMMのサイズはおよそ縦20×横42×マチ8cm、もう一方のロングPMのサイズはおよそ縦14×横31×マチ5cmです。

ロングタイプはノーマルタイプに比べて、スタイリッシュな印象を与えます。ノーマルタイプのヴァルパライソMMは大きめなバッグの印象を与えますが、ロングタイプのヴァルパライソロングMMを持っても普段使いのバッグをイメージします。ロングタイプは横幅が大きいため多くの荷物の収納を可能とする収納力を持ちながら、おしゃれなフォルムを楽しめるのが魅力です。

6 ヴァルパライソの定価・中古相場とは?

ヴァルパライソの定価や中古相場も気になるところです。また、手元にヴァルパライソがある場合は、どれくらいの買取価格が期待できるのでしょうか。それぞれの価格について解説します。

6-1 ヴァルパライソの定価

ヴァルパライソの定価がわかっているのは、ヴァルパライソMMとPMでした。下記の表に記載しています。ヴァルパライソは2006年に発表されたアイテムであり、現在から20年ほど前のため、安い定価で販売されていたことがわかります。

商品名 定価
ヴァルパライソPM 172,000円
ヴァルパライソMM 207,900円

 

6-2 ヴァルパライソの買取相場

買取価格は、バッグの状態や傷の有無、カラーなどによって大きく変動します。また、買取相場は店舗や入荷状況、時期によって変動するため、おおよその参考価格となります。

ヴァルパライソは、良い状態かつ人気カラーであれば、最高で6万円前後の買取価格が期待できます。また、サイズによって買取価格に大きな差がないことも特徴です。

ヴァルパライソは中古市場において、現在まで需要が安定しているバッグです。もし、ヴァルパライソが手元にあり買取を検討している場合は、現在なら安定した買取価格が期待できるため、価値が落ちる前に早めに売ることをおすすめします。

6-3 ヴァルパライソの販売価格

2024年7月現在、楽天市場におけるヴァルパライソの販売価格をサイズ別に表にまとめました。廃盤品のため、状態やカラー、傷の有無から販売価格の差が広いことがわかります。

商品名 楽天市場における販売価格
ヴァルパライソPM およそ5~17万円
ヴァルパライソMM およそ6~17万円
ヴァルパライソGM およそ6~12万円
ヴァルパライソロング およそ5~10万円


ヴァルパライソのような廃盤品は、楽天市場のようなオンラインショップ以外でも購入することが可能です。ブランド品を専門に扱う中古品販売店では、ヴァルパライソなどの廃盤品を扱っている可能性があります。販売価格は楽天市場と異なることが考えられますが、実物を見て購入できることはメリットと言えます。

6-4 ヴァルパライソは非常に手ごろな価格で購入可能

楽天市場におけるヴァルパライソの参考販売価格を紹介しましたが、中古品とはいえ、エルメスのアイテムをこれほど手ごろな価格で購入できることに驚いた方も多いのではないでしょうか。現在、エルメスの人気バッグの多くは品薄状態で入手困難となっており、定価よりも二次流通の方が高い価格で販売されているケースも少なくありません。また、人気バッグの定価は軒並み100万円を超えており、一般的には手が出しにくい価格帯となっています。

このような状況の中で、ヴァルパライソは廃盤のため中古品しか手に入らないものの、手ごろな価格は魅力的です。

ただし、廃盤品をオンライン上で購入する際は、画像をよく見て傷や劣化具合を入念に確認する必要があります。また、気になる点があれば出品者に問い合わせて、納得した上で決済するようにしましょう。さらに、偽物をつかまされないように刻印を確認することも忘れてはいけません。

また、正規品であれば廃盤商品であっても、エルメスの店舗で修理してもらえるか確認することが可能です。しかし、エルメスに修理を依頼すると修理期間に数か月を要します。さらに、小さな傷の補修には5,000円から20,000円程度、フラップの交換などの大がかりな修理には50,000万円以上の修理費が必要となります。

せっかく手ごろな価格でヴァルパライソを手に入れられたとしても、修理に出せば思わぬ費用がかさんでしまったということになりかねません。そのような状況を防ぐためには、中古市場でできるだけ状態の良いヴァルパライソを選ぶことが重要です。

買った後で後悔しないように、万全の注意を払って購入することをおすすめします。賢く買い物して、自分好みのヴァルパライソを手ごろな価格で手に入れましょう。

7 ヴァルパライソの人気カラー

ヴァルパライソは、カラー展開が豊富なのも魅力です。中古市場で主に販売されている人気カラーを紹介します。最適なシーンや特徴についても解説していますので、検討材料として参考にしてみてください。

7-1 ブラック

ブラックは、バッグの世界で不動の人気を誇る定番カラーです。ヴァルパライソにおいてもその人気は例外ではなく、多くのユーザーから支持されています。ブラックは、ビジネスシーンにおいて悪目立ちしないため需要が高く、日常使いにおいてはファッションをシックにまとめる役割も果たしてくれるため魅力的です。

中古市場において、ブラックは多く出回っているカラーのため、比較的手に入りやすいといったメリットもあります。

7-2 オレンジ

オレンジは、エルメスを象徴するカラーとして広く知られており、高い人気を誇っています。ヴァルパライソのデザインはエルメスを強く象徴するものではないため、オレンジカラーを選ぶことで、さりげなくブランドの存在感を演出できます。

ファッションにおいて、オレンジは効果的な差し色として重宝されます。ファッション上級者や、エルメスオレンジが好きな方にぴったりなカラーと言えるでしょう。

7-3 エトゥープ

エトゥープはグレージュカラーと言われており、グレーやベージュ、ブラウンを融合したような色合いで、やわらかい印象を与えてくれるのが特徴です。エトゥープはエルメスの定番色であり、多くのアイテムに採用されている人気色です。ヴァルパライソのエトゥープはやわらかさと落ち着いた雰囲気を与えるため、どのようなファッションにも合わせやすいのが魅力と言えます。

エトゥープは色合いにグレーやベージュ、ブラウンが入っているため、同じ系統のファッションカラーを取り入れれば、外しのないスタイルを形成できるでしょう。

7-4 ブラウン

ブラウンのヴァルパライソも中古市場において、取引数が多めの人気カラーと言えます。ブラウンはエトゥープより濃い色合いで、ブラックのようにファッションを引き締めてくれるのが特徴です。ブラックはかっちりしすぎるという印象がある方は、ブラウンをおすすめします。

ブラウンは明るめの色に馴染んでくれるため、パステルカラーのファッションと相性が良い傾向があります。明るめのカラーの服装が多い方は、ブラウンを検討してみてはいかがでしょうか。

7-5 ネイビー

ヴァルパライソは、ネイビーも需要が高いカラーです。エルメスのネイビーは濃く深い色合いをしているのが特徴です。また、ネイビーは特に経年変化を楽しめるカラーと言えます。

深みのあるネイビーカラーと共に、レザーの経年変化も楽しめるため、魅力は2倍になるといっても過言ではありません。

7-6 ブルージーン

ヴァルパライソのブルージーンは、鮮やかなブルーが特徴です。キャンバス素材とレザー素材の色合いの違いがはっきりしたブルーのため、2種類の素材の存在感がでます。2種類の素材を使用しているのがヴァルパライソの最大の魅力のため、その違いを主張できるのも利点と言えます。

さわやかな印象を与えるブルージーンは、普段使いに最適なカラーです。

8 【まとめ】ヴァルパライソは廃盤になっても根強い人気があるバッグ

ヴァルパライソは2006年に発表されたトートバッグで、現在は廃盤となっています。しかし、廃盤品となった今もなお、中古市場において根強い人気を維持し続けています。

この長期的な人気の理由は、ヴァルパライソが持つ多くの魅力にあります。最大の特徴は、レザー素材とキャンバス素材の2種類を組み合わせた構造です。キャンバス素材はカジュアルシーン、レザー素材はビジネスシーンと相性が良いことから、幅広いシーンで活躍してくれるのです。さらに、両素材の経年変化を楽しめるため、使い込むほどに愛着が増すというメリットもあります。

ヴァルパライソの価値は機能面にもあります。高い収納力、軽量で丈夫な作り、広い開口部による使いやすさなど、実用的な特徴が豊富です。

加えて、中古市場における非常に手ごろな販売価格も大きな利点です。中古品ではありますが、これだけ手ごろな価格でエルメス商品を入手できることは大きな魅力でしょう。本記事を通して、ヴァルパライソの多彩な魅力をご理解いただき、エルメスのバッグを検討する際の参考にしていただければ幸いです。

かんたん30
お手軽査定

手数料0

査定料、キャンセル料、買取手数料等

やさしい相場説明

売るのが初めての方でもご安心ください

店舗が近くにないお客様のために 宅配買取をご用意!

宅配キットを無料で申込む

人気のコラム

コラムカテゴリー

ブランド

A.ランゲ&ゾーネ IWC ヴァシュロン・コンスタンタン ヴァレンティノ ヴァンクリーフ&アーペル ヴェンペ ウブロ エイチ モーザー アンド シー エドックス エベラール エベル エルメス オーデマ・ピゲ オフィチーネ・パネライ オメガ オリス カール・F・ブヘラ カルティエ クストス グッチ グラスヒュッテ・オリジナル グランドセイコー クリスチャンルブタン クロノスイス クロムハーツ ゴヤール サンローラン ジーショック ジャガールクルト シャネル シュプリーム ショーメ ショパール ジラールペルゴ ジン セイコー ゼニス セリーヌ タグ・ホイヤー チャペック チューダー ディオール ティソ ティファニー ノモス バーバリー パテックフィリップ ハリー・ウィンストン バレンシアガ ピアジェ フェンディ ブシュロン プラダ フランクミュラー ブランパン ブルガリ ブレゲ フレデリック・コンスタント ペキニエ ベル&ロス ベルルッティ ボーム&メルシェ ボッテガヴェネタ ミキモト メゾンマルジェラ モーブッサン モーリスラクロア モンクレール モンブラン ユリスナルダン ユンハンス ラドー ラルフローレン リシャールミル ルイ・エラール ルイヴィトン ロイヤルアッシャー ロエベ ロジェデュブイ ロレックス ロンジン
タイトルとURLをコピーしました